W+K Tokyo

Sport Starts Here: NIKE.COM

If you think the greatest shots have been shot
or the fastest times have been run, it’s time to think again.
There’s more out there and NIKE.COM is where it all begins.
最高の一撃はもう放った、自己ベストはもう叩き出した。
本当にそう思ってる?キミのやりたいことは、まだまだあるはず。
そして、すべてはNIKE.COMからはじまる。

We’re excited to share our latest campaign for NIKE Japan, NIKE.COM campaign “Sport Starts Here” which lauched today with a 15-second TV spot “LOOP”.
このたび、W+K Tokyo が企画制作を手がけた、ナイキジャパンの新キャンペーン NIKE.COM「スポーツはここからはじまる」がテレビCM『LOOP (ループ)』とともにローンチしました。

The TV spot “LOOP” directed by Eiji Tanigawa, one of the most recognized directors in Japan, highlights a female runner who wears a NIKE FREE 3.0 FLYKNIT. The NIKE FREE 3.0 FLYKNIT allows runners to move the way they were meant to. In this case the road she runs pushes her limits and our imagination. To help communicate the campaign idea that NIKE.COM, is where sport starts, the last scene reveals that her dare devil course spells, NIKE.COM.

『LOOP』を手がけたのは、日本で高い評価を受ける映像監督の谷川英二氏。NIKE FREE 3.0 FLYKNITを履いた女性ランナーは、シューズの持つテクノロジーによってどんな道でも自由に本能のままに走ることができます。彼女は、自身の限界、そして私たちのイマジネーションさえも押し広げるようにコースを走り続けます。「スポーツはNIKE.COMからはじまる」というキャンペーンのコンセプトを伝えるため、ラストシーンでは、NIKE.COMが驚くような形でビジュアライズされ、過酷なコースの全容が浮かび上がります。

Whether you are a professional athlete or a first-timer runner on a treadmill, you can start your own sports journey anytime. There is more play out there. That’s why there is more gear, inspiration, training and community at NIKE.COM. NIKE Japan positions the website NIKE.COM as an ultimate sports hub for people to search, find, support and share their performances.

プロのスポーツ選手でも、初めてランニングマシーンに乗った人でも、誰もがいつでも新たなスポーツの道を切り拓くことができる。やれることはまだまだある。だからこそ、キミに力を与えるギアやインスピレーション、トレーニング、そして出会いがここにある 。ナイキジャパンは、スポーツをするすべての人のパフォーマンスを応援し、NIKE.COMが新たなスポーツのハブとなる事を目指してこのキャンペーンをローンチしました。

Following the launch of “LOOP”, second TV spot will launch in late April. NIKE Japan will leverage the campaign through online media and NIKE’s social accounts.

『LOOP』のローンチに続き、4月下旬には2本目のテレビCMがローンチします。ナイキジャパン新キャンペーン「スポーツはここからはじまる」はオンラインメディアの他、ナイキジャパンのソーシャル・アカウントでも展開します。

NIKE.COM

Sawaru Shiri 100 Supported by Oronine H

W+K Tokyoが企画制作を行う、「知ったつもりにならないでリアルにさわってみたい日本の100」略して、『さわる知リ100 Supported by オロナインH軟膏』がローンチしました。

We’re excited to announce the launch of “The 100 things in Japan you should know by touching ” abbreviated to “SAWARU SHIRI100 Supported by Oronine”.

さわること。 それは他とちょっと違う特別な体験です
直接肌でさわることには、危険も伴います。
そう、さわるのは、ちょっとこわい。
でも、こわいぶんだけ、未知の何かに出会ったうれしさがやってきます。
大げさに言うと、さわることには小さな「克服」があります。
(To touch. It is a bit special experience. Touching directly may carry risk. Right, touching is a bit scary. But, because of that, there is joy of meeting something you’ve never encountered. To stretch a bit, touching is a kind of conquering.)

さわってみないと分からない、見聞きや検索だけでは知り得ない、そんな得難い体験を集めCMを制作し、オンライン動画の他、トレインチャンネル、屋外広告でも展開していきます。また、5月中旬には、公式ウエブサイトShiri100.jp がリニューアルローンチします。

We’ll collect unique experiences that you cannot know without touching. The films and images will be used for Online media, train channels and out-of-home imagery. Also, the official website Shiri100.jp will relaunch in mid-May.

『さわる知リ100』は大好評だった『知リ100』が生まれ変り誕生しました。『知リ100』は約10 ヶ月という期間で、約7 万人というFacebook ファンを獲得し、様々な「体験」を通じて、地方独特の文化を紹介してきました。『さわる知リ100』も今年約1 年を通して、見た人がさわってみたくなる、身近な体験から、思いきった体験まで、様々なさわる体験をお届けします。公式Facebook ページでは、それぞれの体験のさわり心地も伝え、もっと多くの人のさわる体験を応援します。

Sawaru Shiri 100 is created based on the popular Shiri100. Shiri100, which achieved 70,000 fans on Facebook over the period of 10 months, introduced a number of local cultures around Japan through various “experiences”. Sawaru Shiri 100 will also introduce you many different experiences that make you want to try and touch. We’ll also introduce the feeling of each touch on the official Facebook page.

さわるって冒険。
To touch, it’s an adventure.

Sakura Festival at Nakameguro

Nakameguro, where W+K Tokyo is located, has been named the best hanami (cherry blossom viewing) spot of 2015. Every day, from the end of March to beginning of April, about 30,000 people come to Nakameguro to see the cherry blossoms.
W+K Tokyoが位置する中目黒、2015年のベストお花見スポットに選ばれたそうです。
3月末から4月初めにかけて、毎日約3万人が桜を見るために中目黒に来ると言われています。


This year, we support the Sakura Festival organized by the local community of Nakameguro. There are ten W+K Tokyo lanterns along the river near our office. Hope you find it.
今年、W+Kは、地域が主催する「さくら祭り」をサポートしています。 会社名が書かれた提灯が、会社近くの川沿いに10個かかっているので、是非見つけてみて下さい。

And another good photo of the river. もう一枚、川沿いの桜がよく分かる写真。

(Photo: Tomoko Isobe’s Instagram)

Nike Women’s Re:Run

W+K Tokyoが企画、制作を手がけた、NIKEドキュメンタリーフィルムシリーズ「Re: RUN」 のファイナルフィルム「フィナーレの物語」がローンチしました。
We’re excited to share NIKE documentary film series “Re:RUN” final film “The Finish Line”, created by W+K Tokyo.

Every year on March 8th, about 18,000 runners finish the Nagoya Women’s Marathon. But every year, there are many women who don’t finish. NIKE reached out to thousands of Japanese women and selected 3 women, NAO, NATSUMI and KANA who once gave up but decided to stop giving up, to prove themselves, to put the past behind them and take on the challenges that lie ahead.

3 月8 日(日)、約18,000 人のランナーが走り抜いた今年の名古屋ウィメンズマラソン。しかし、毎年、数多くの女性ランナーが完走できずにいます。ナイキはインターネット上で数千人もの一般女性に再チャレンジを呼びかけ、NAO、NATSUMI、KANA が選ばれました。過去にマラソンに失敗したという彼女たちは、自信を取り戻すため、フルマラソンに再度チャレンジすることを決めました。

We followed each woman for over two months, documenting their lives and helping them with their training routines. On March 6, two days before the 2015 Nagoya Women’s Marathon, NIKE launched the campaign film along with short films telling each woman’s story.

ワイデン+ケネディ トウキョウは、それぞれのゴールに向けてトレーニングに励む彼女たち、家族、自宅での様子など、約2 ヶ月間追い続け、名古屋ウィメンズマラソン開催前の3 月6 日(金)、イントロフィルム「はじまりの物語」とそれぞれのストーリーを綴ったショートフィルム「Nao の物語」「Natsumi の物語」「Kana の物語」をローンチしました。

On the race day, we covered their runs live on NIKE’s social channels, documenting when they passed the point they had previously quit, and the moment they crossed the finish line.

名古屋ウィメンズマラソン当日は、彼女たちが過去にリタイアした地点、そしてゴールした瞬間を、ナイキのソーシャル·チャンネルより発信しました。

A marathon is more than just running 42.195 kilometers, at least for these 3 women. In the film“Re:RUN”, each woman tells us in her own words why this race is so important and what it would mean to finish. The films shine a light on how real women think of themselves through sport.

マラソンは単に42.195km を走るだけではない。少なくとも、彼女たち3 人のなかにはそれ以上の何かがあります。「Re:RUN」ファイナルフィルムでは、マラソンに再挑戦すること、そして今度こそ完走することへの想いがそれぞれの言葉で伝えられ、スポーツを通して自分と向き合う、等身大の3人の女性が描かれています。

The documentary film series“Re:RUN”celebrates the transformative journeys of 3 women who made it through the finish line to determine their own destinies.

ドキュメンタリーフィルムシリーズ「Re: RUN」は、約2ヶ月間にわたるトレーニングとフルマラソン完走という経験を通し、過去にリタイアした地点を乗り越え、理想のジブンに変化していく3人のストーリーを伝えます。

JUST DO IT

Prince William in TYPE Garamond

Prince William tried on TYPE’s Garamond glasses during the event “Innovation is GREAT” in Japan.
来日していたウィリアム王子、「Innovation is GREAT」のイベントで、TYPEのGaramondをかけている姿が紹介されました。


Image: telegraph.co.uk


Model: Garamond, Black, Light

type.gs