W+K Tokyo

W+K+ Report

W+K+レポート第2弾。以前ブログでも紹介した花見期間のエクストリーム自撮り棒レンタルショップ以降も、さまざまな展示やイベントを開催しています。

There has been a lot going on at W+K+ since the X-treme selfie stick rental shop in April. In this post we will introduce the exhibitions and events that we’ve had since then.


5日5日にはTHE OTOGIBANASHI’Sも所属するクルー、Creative Drug Storeが1日限りのPopUpShop Vol.7を開店。グッズ販売やライブなどが行われ、超満員で大盛り上がりでした。
PopUpShop Vol.7 hosted by Creative Drug Store was a one day pop up event with Live performances, DJs and CDS merchandises.


他にも5月にはNaoki”SAND”Yamamotoさん6年ぶりの個展を開催。ほとんどが新作の本展はNaokiさんの近年のスタイルをまとめて見られる貴重な展示となりました。
Naoki”SAND”Yamamoto’s new works were shown at his solo exhibition in May.


6月には藤元翔平さんの個展があり、レーザーとプロジェクターを合わせたインスタレーション作品を発表。teamLabに所属しながらも個人活動を国内外で精力的に続けている藤元さんの活動には今後も注目です。
Shohei Fujimoto’s solo exhibition using razors and projectors.


6月に2日間だけ開催された地獄の軍団ブックフェアは加賀美健さんと中村譲二さん主催でZINEやグッズを販売。参加者はMotoyuki Daifuさん、ohianaさん、#SOBさん、Miri Matsufujiさん、Yamachanさん、Minami Shogo Kazuki(Kaito Itsuki, Shogo Shimizu, Kazuquiz)さんの3名、そしてもちろん加賀美さんと譲二さん。同時開催でTakahiro Haraさんの作品も展示していました。
Jigokuno Gundan book fair hosted by Ken Kagami and Joji Nakamura along with guest artist Takahiro Hara’s solo exhibition. Following artists took part: Motoyuki Daifu, ohiana, #SOB, Miri Matsufuji, Yamachan, Minami Shogo Kazuki(Kaito Itsuki, Shogo Shimizu, Kazuquiz), Joji Nakamura and Ken Kagami.


7月にはW+K+フリマ2。前回もから引き続き参加してくださったBe inspired!平山潤さん、FOR岡野隆司さんの他に今回はO-の宮崎大輔さん、作家の大川原暢人さん、星加陸さん、靴デザイナーのアライタカフミさんも出店。W+Kからは長谷川踏太と嶌村吉祥丸も参加しました。次回は年明けに開催予定。
We had our W+K+ Flea Market 2 in July, and hoping to do the third one in the beginning of next year. Participants were Jun Hirayama(Be inspired!), Takashi Okano(FOR), Daisuke Miyazaki(O-), Nobuto Okawahara, Riku Hoshika, Takafumi Arai, and from W+K, Kisshomaru Shimamura and Tota Hasegawa.

8月は今年活動を開始したデザインスタジオwellがローンチイベントを開催。#2 LIVING ROOMと題しカプセルコレクションと写真集の発表、そしてKazumichi Komatsu (Madegg)主催のライブ・DJイベント、LIVING ROOM 4を招致した音楽イベントも行いました。
A launch event of the design studio “well” was held in August. During the event, they showed their first capsule collection and a photo book, and had a music event hosted by Kazumichi Komatsu(Madegg).


9月には安野谷昌穂さんと広島で箔を扱う歴清社のコラボレーション展。金や銀、真鍮、錫、銅など、歴清社のさまざまな箔を使った安野谷さんの作品が展示されました。オープニングパーティーではライブペインティングも。
Collaborative exhibition by artist Masaho Anotani and a leaf paper company Rekiseisha. Masaho Anotani used Rekiseisha’s gold, silver, brass, copper, pewter and other leaf papers to create his painting and collage works that were shown at W+K+.

最新情報はW+K+のInstagramFacebookをフォロー!
Follow W+K+’s Instagram and Facebook for the latest information!

NEW FACE | Kiki+Jun+Kaede+Jordi

More new faces at W+K Tokyo!
またまた新メンバーがやってきました!


Kiki Bowman キキ・ボウマン | Studio Manager

For Kiki from NY, Tokyo is the fifth city she’s lived in. Born and raised in Houston, Texas, she has introduced Frito pie to every agency she has worked at. Stay tuned! Went to college in the U.S., studied abroad in Russia, attended graduate school at a Buddhist university. Worked a lot of odd jobs before starting in agencies, including but not limited to: a Kindergarten teacher, a retail employee at H&M in Scotland, legal assistant, a hip hop instructor at a summer camp, an accidental temp at a bomb factory, circus performer, and (once) a Tasmanian wedding planner. Used to run marathons but now prefers slow jogs around parks.

ニューヨークからやってきたキキにとって、東京は5つ目の都市。彼女が生まれ育ったのは、テキサス州のヒューストン。今まで働いてきたすべてのエージェンシーで、郷土料理フリートパイ を紹介してきました。大学時代にはロシアへ留学、卒業後は仏教系大学の大学院へ。広告代理店でのキャリアをスタートするまでは、いろいろな職業を経験してきました。幼稚園の先生、スコットランドのH&Mの販売員、法律事務所のアシスタント、サマーキャンプのヒップホップインストラクター。知らずに爆弾工場に派遣されたり、サーカスでパフォーマンスをしたり、さらにはタスマニアで一度だけウエディングプランナーをしたこともあるという、驚くほど多彩な職歴。昔はマラソンが趣味だったけれど、今は公園でゆっくりジョギングする方が好き。


Jun Shibuya 澁谷 淳 | IT Specialist

Born in Arakawa-ward and raised in Adachi-ward in Tokyo. After finishing high-school, majored in Architecture in college. He worked for a production company as a student worker during his college and decided to become a permanent hire upon graduation, and participated in producing and operating restaurant facilities, hotels and other commercial facilities. He then moved onto working as a hardware/software support specialist at a mega foreign IT cooperation. Now, he decided to join us as our own special friendly “genius bar”. He loves to travel overseas and he’s currently into visiting Asian regions such as Taipei, Hong Kong, Shanghai every other month.

荒川区生まれ足立区育ち。日本の高校、大学で建築学を学んでいた淳。大学在学中にアルバイトをしていたプロデュース会社に就職後、飲食店やホテル、商業施設などの企画・運営を行う仕事をし、その後外資系IT企業にてハードウェア、ソフトウェアのサポートをしていました。今はIT スペシャリストとして、みんなのジーニアスバーのような存在です。趣味は海外旅行。最近は1・2ヶ月に一回のペースで台北、香港、上海などアジア方面によく遊びに行っている。


Kaede Ose 大瀬 楓 | Assistant Account Executive

Known for her big smile and bigger heart, Kaede Ose has been looking forward to being part of the team and putting smiles on the faces of her new coworkers and clients alike. Ice cream, German shepherds, dark beer, ballet, cinema and R&B/soul music are some of her likes, while overly air-conditioned and/or crowded trains are her biggest pet peeve.Six years in the pop group The Possible, a year studying at the University of Essex in England and one and half year stint helping make films at Robot Inc. have prepared this Rikkyo University graduate for “the real world”!

素敵な笑顔で知られる楓は、ワイデンの仲間に加わることと、同僚やクライアントを笑顔にさせることをとても楽しみにしていました。アイスクリーム、ジャーマンシェパードドッグ、黒ビール、クラシックバレエ、映画、R&Bとソウルミュージックが好き。冷房が強すぎたり混雑している電車が嫌い。メンバーだったアイドルグループ「THE ポッシボー」を卒業したあと、一年間イギリスのエセックス大学へ留学し、立教大学現代心理学部映像身体学科を卒業。さらには一年半、株式会社ロボットで映像制作に携わり「実社会」で力を発揮する準備は万端!

Jordi Luna ジョルディ・ルナ | Art Director

He asked a good friend of him ‘Scott smith’ to write something about him, here’s the result:

Jordi Luna was born a Sagittarian —Half man, half beast, this Catalan is an enthusiastic consumer of information, as well as tacos. Upon meeting Jordi, you will now you no doubt recall what Daily Mail astrologer Jonathan Cainer once said, “…the age of Aquarius is over, say hola to Sagittarius” and you will be certain that he was right.

While in his youth, the little Sagittarian( Jordi ) enjoyed playing with Play-Doh making copies from famous paintings for his relatives. He studied Advertising and Audiovisual Communications and he loves thinking and crafting visuals even Centaurs (Zodiac’s most notoriously critical characters) fall in love with.

In 2012 he moved from sunny southern Europe to Amsterdam where he joined W+K Amsterdam working on accounts such as Nike, Instagram, P&G, Milka and other great brands. His work has travelled around the world and it’s been awarded internationally. He is a quick-witted man who works like a horse. His work ranges from creating a giant printing press for Nike- built to transfer the movement of athletes onto stunning posters-, to designing a monumental time capsule in Barcelona that will be opened in the year 2159. Jupiter’s golden glow is now reflected in the Moon, ushering in an era of unprecedented wellbeing, and jamón ibérico

ジョルディの友人、スコット・スミスさんが彼について書いてくれた結果がこちら:

ジョルディ・ルナは射手座生まれ。半人半獣であるこのカタルーニャ人は、常に情報(とタコス)の消費に余念がない。ジョルディに会えば、「水瓶座の時代は過ぎ去った。今こそパエリヤを共して射手座を迎え入れる時だ」と言った英デイリーメール誌の占星術師、ジョナサン・ケイナーが正しかったと確信するはず。

幼き日のジョルディは、ねんど遊びの達人で、名画を真似てコネコネしては親戚にあげていた。大学の専攻は広告学と視聴覚コミュニケーション。ビジュアルイメージを考えたり創ったりするのが大好きで、48星座の中で最も辛口で知られるケンタウルス座も恋に落ちてしまうほどの才能の持ち主である。

2012年に、太陽の光がさんさんと降り注ぐ南欧からアムステルダムへと引っ越し、W+Kアムステルダムに参画。Nike、Instagram、P&G、Milkaなど、数々の著名ブランドの広告を手がける。彼の作品は世界を股にかけ、国際的に表彰されている。ジョルディは頭の回転が早く、馬のように仕事をする男。アスリートの動きをポスターへと変換するNikeの巨大印刷機から、バルセロナで2159年に再び開封予定の記念タイムカプセルまで、彼の作品は多岐に渡る。きらめく木星の輝きは今まさに月に反射しており、未だかつてない幸福、そしてイベリコハムの到来を告げている。

TRAVEL PORTLAND’S ‘ODNARODUDE’ ORIGIN STORY REVEALED BEFORE JAPAN TRAVEL EXPO

With the world’s largest travel expo “Tourism EXPO Japan” coming to Japan on September 23rd, we took the opportunity to go deeper into the mythology of our mascot for Travel Portland, the lovable, blue, furry ‘Odnarodude.’ To hype Travel Portland’s presence at the expo, we put out three short ‘origin’ films and made a fully functional, arcade-style claw game for people to win the actual blue ‘dude-babies’ featured in the films.

9月23・24日に世界最大のトラベルフェア「ツーリズムEXPOジャパン」が日本で開催されるにあたり、ポートランド観光協会のマスコット、愛すべき青い毛皮の「オドナロデュード」の誕生秘話が明らかに! 3本のショートムービーと、映画に登場するオドナロデュードの赤ちゃんを手に入れるためのUFOキャッチャーを制作しました。

Birth Announcement!!
祝!出産!

Come get a Odnarodude-baby!
オドナロデュードの赤ちゃんをもらおう!

UFO Catcher has landed!
UFOキャッチャー完成!

NEW FACE | Mai+Naoko+Jason

Introducing the new faces at W+K Tokyo.
W+K Tokyoに参加した新メンバーをご紹介します。

Mai Ebine 海老根 舞 | Assistant Account Executive

Mai was born in Osaka, but spent her childhood years in California. She attended middle school in Japan, moved onto high school in Germany, then to college in Scotland. Upon graduation she found herself in Tokyo and started her career at J. Walter Thompson Japan. She’s a bit of a scatterbrain and finds herself interested in too many different things at once, but generally loves anything outdoorsy, and chooses her ghetto bike (with a missing grip) over public transport anytime.

大阪で生まれ、小学校時代をカリフォルニアで過ごす。日本の中学、ドイツの高校、そしてスコットランドの大学を卒業後、J. Walter Thompson Japanにてキャリアをスタート。アウトドアアクテビティなら基本なんでも大好き。原則チャリ移動。

Naoko Okada 岡田 直子 | Account Executive

Naoko was born and raised in Tokyo, but also studied abroad in Tennessee and Seoul. Her background in Anthropology led her to pursue her career in marketing research and then advertisement. She is passionate about CrossFit and lifting heavy barbels – anything that doesn’t really require cardio movements. Cross-stitching and going to escape rooms are some of other favorite things to do as well.

東京生まれ東京育ち。学生時代には米テネシー州や韓国への留学経験もある。大学で文化人類学を学んだことをきっかけに、マーケティングリサーチ、そして広告業界へとたどり着く。クロスフィットやウェイトリフティングが大好きだけれど、有酸素運動は苦手。刺し子刺繍や脱出ゲームに行くのにもはまっている。

Jason Scott ジェイソン・スコット | Copywriter

Jason has been really busy so he asked his mum to write his ‘about me’ section for the website. He thought she’d write about what he studied and stuff but she went quite mummsy with it. This is what she wrote…

“Jason is exhausting, full of tireless energy and ideas, he never slows down or relaxes. He posesses a sense of humour that only he can understand and enjoys setting people up and finds constantly embarrassing everyone to be highly entertaining. He has an excellent work ethic and always makes the most of every opportunity to do something different and achieve whatever he wants. He believes in himself and his own abilities and is super confident. He thrives on adrenalin and pressure and does everything at a hundred miles an hour but does see things through. He is not a quitter. He loves everything that is quirky and different. He is also occasionally thoughtful, always caring and always positive. A glass half full kind of guy who makes the most of everything life throws at him and still wants more. He is sensitive and loving and has lovely blue eyes! I love him loads as he is my son!”

– Jason’s Mum

最近あまりに忙しすぎて、このブログ用の自己紹介欄をママに書いてもらいました。僕の学生時代の専攻などについて書いてくれるのかと思ったら、いかにもママっぽいことを書いてくれました・・・。

「ジェイソンは本当に疲れる子。底なしのエネルギーとアイデアに溢れていて、のんびりしたり息抜きしたりすることは一切ありません。彼自身にしか理解できないユーモアのセンスの持ち主で、イタズラをして面白がったり、常に人の手を焼かせることが至福の時だと思っている節があります。仕事に対する姿勢は素晴らしく、新しいことに挑戦できるチャンスは絶対に逃しません。欲しいものを手に入れるためには何でもやる子で、自分の持つ力を信じて疑わない大の自信家さん。アドレナリンとプレッシャーが原動力で、何をやるにも超高速。でもちゃんと物事を見通しているんですよ。そして何事も諦めません。昔からちょっとキテレツでヘンテコなものが大好きですね。それから、もうちょっと思慮深さが欲しいところですが、いつも思いやりに溢れる、ポジティブな子です。物事の良い面を見るタイプで、どんな困難も自分のものにし、それだけでは飽き足らず、常にチャレンジを求めています。実は繊細で、愛情深く、そしてとても素敵な青い目の持ち主です。そんなジェイソンのことを心から愛しています。だってわたしの息子ですもの!」

ジェイソンの母より

The Kennedys

ワイデン+ケネディ トウキョウでは、新たな才能を発掘しその可能性を最大限に発揮してもら うための次世代クリエイティブ増強プログラム、ケネディーズをスタートします。2011年にアムステルダムで始まり、ロンドン、サンパウロ、上海でも導入されている取り組みです。今 回募集する5人でチームとなり、実際にクライアントのためのキャンペーンを構築。クリエイティビティを使いこなし、世の中にインパクトを与える方法を身につけてもらいます。

ケネディーズという名前は、ワイデン+ケネディの創業者の一人、アートディレクターのデビッド・ケネディに由来し、卒業生はワイデン+ケネディ各オフィスをはじめ多方面で活躍しています。東京では5人のメンバーを募集。2017年9月から7ヶ月間東京に住みプログラムに参加できる人であれば、年齢や職業、国籍は問いません。

ケネディーズとは?
インターンシップでも学校でもありません。端的に言い表すならば「次世代クリエイティブ増強プログラム」。さまざまな才能を持つクリエイターを集め、実際の仕事をスピーディに進めながら学んでいく場です。

ケネディーズの創設者であり、長年 W+K アムステルダムのクリエイティブディレクターを務めるアルヴァロ・ソトマヨールは「このプログラムは世界にとって有益になる新しいもの、アイデアの力を信じる人たちのために作られました。ケネディーズが育つにつれ、さらに多くの才能を発掘し育てられることを楽しみにしている。そしてできれば世界の問題を解決していく素晴らしい人たちを送り出すことができたらと願っています」 と語ります。

また、ワイデン+ケネディ トウキョウのエグゼクティブクリエイティブディレクター、マイク・ファーは「ケネディーズとは、アイデアの力がカルチャーを動かすと信じて何かを考え作り出す、多様な人たちの集まりです。このグローバルなプログラムを東京でも開催することで、日本のユニークな才能を発掘し、自分たちのアイデアをどんな形ででも実現できるように、才能を孵化させる手助けをしたいと考えています」とコメントしています。

ワイデン+ケネディとケネディーズ
ケネディーズはワイデン+ケネディのショップインショップのような存在。基本的に独自のク ライアントを開拓しますが、場合によりワイデン+ケネディのクライアントの短期的なプロジ ェクトを請け負うこともあります。既存のワイデン+ケネディに対抗するアナーキーな存在で あることがケネディーズの使命であり、実験的で独立した存在。決してワイデン+ケネディの 廉価版ではありません。

海外での実績
2011 年の創設以来、ケネディーズではローカルなものからインターナショナルなものまでさまざまなキャンペーンを手がけてきました。クライアントの中にはNikeも含まれます。アムステルダムの作品集はこちら

募集概要
募集人数:5名
プログラム期間:2017年9月1日〜2018年3月31日
開催地:153-0051 東京都目黒区上目黒 1-7-13
プログラム参加期間中は東京都が定める最低賃金が支払われます。

応募条件
ユニークなクリエイティブビジョンを持ち、日本語で会話ができること。(英語が使えればよ り多くの刺激を受けるためのアドバンテージになりますが、マストではありません。)フォトグラファー、ライター、アーティスト、デザイナー、映像作家、アニメーター、ゲーム デザイナー、プログラマーなど、クリエイティブなマインドをもつ人であればジャンルは問い ません。広告業界での経験は不要です。

応募方法
下記10の質問に答えることで応募ができます。
1. 一文字で「偏った愛情」を示す新しい漢字を発明してください。
2. 無人島で直線を引くための方法を教えてください。
3. 「ありきたり」の写真をとってください。
4. いちばん破壊したい概念は何ですか?
5. 「それなら喜んで!」とみんなが思う新しい税金は何税?
6. 2017 年度のサラリーマン川柳でビリになるやつを発表してください
7. あなたがリスペクトする著名人で構成されるサッカーチームを作ってください。ポジションとプレイスタイルの詳細な説明も。
8. 自分の体のどこかに関節をひとつ増やせます。どこに増やして何に使いますか?
9. 何かのhow toビデオをつくってください。
10.意外なことをしてくだい。

締め切り
2017年7月21日(金)

アップデート情報を随時 SNS から発信していきます。
Instagram Facebook Twitter

応募に関するお問い合わせ
ワイデン+ケネディ トウキョウ
info@kennedys.jp