W+K Tokyo

20th Anniversary


6月22日に、W+K 東京オフィスは20周年を迎えました!
On June 22, W+K Tokyo office celebrated its 20th anniversary!


集合写真にはイベント準備のため数人欠けていますが、現在の社員数は65名。当日は、これまでの社員も招待して盛大に祝いました。
Currently, there are 65 full-time employees, but a few member are missing from the group photo due to preparation for an event. We celebrated together with past employees who were invited for the anniversary.


多くのOB、OGが駆けつけてくれ、その中には20年前に東京オフィスを立ち上げたジョン・C・ジェイの姿も!
A number of past members came, and among them was John C Jay, who founded the Tokyo office 20 years ago!


OMSB、yabiku、Reiji Okamoto、jan、呂布と豪華なDJ陣に加えて、Opus Inn>QNのライブパフォーマスも行われ、関係者だけしか聞けないのはもったいないレベル。
For DJs, we’ve invited OMSB, ybaiku, Reiji Okamoto, jan, and ryohu, along with Opus Inn and QN for live performances. The lineup was a shame to be only experienced by the staff.


これまでの歴代マニフェストやタグラインを書くお絵かきロボットは、ケネディーズ卒業生のHarutoが制作。
A drawing robot, which draws past manifests and taglines, was created by Haruto, a Kennedys graduate.


ヌケメさんのグリッチ刺繍でロゴTシャツを作成してもらいました。一枚ずつデータの壊れ方が違っているという芸の細かさ。
Nukeme made us glitch stitch logo t-shirts. The logo glitches differently for each shirt.


ライブペインティングをしてくれたのは、Naoki ”SAND” YamamotoInoue Jun。オーバーオールを着た4~5人が1組となってカンバスになり、ところどころに”Walk in Stupid”や”Fail Harder”などW+Kのモットーも。
Live painting was performed by Naoki ”SAND” Yamamotoand Jun Inoue. Groups of 4 or 5 wearing white overalls became one canvas, and W+K mottos such as “Walk in Stupid” and “Fail Harder” was depicted throughout.

また次の10年、20年に向けて、クリエイティブの力で世の中に貢献できるよう社員一同がんばっていきます!
We’re looking forward for the next 10, 20 years as we use our creativity to make the world a better place!

The Kennedys

ワイデン+ケネディ トウキョウでは、新たな才能を発掘し、その可能性を最大限に引き出すための「次世代クリエイティブ増強プログラム」2回目となるケネディーズの募集を開始します。

ケネディーズは2011年にアムステルダムで始まり、ロンドン、サンパウロ、上海でも導入されている取り組みです。東京では今回募集する最大6名の選抜されたメンバーで構成され、実際にクライアントのためのキャンペーンを構築。クリエイティビティを使いこなし、世の中にインパクトを与える方法を身につけてもらいます。

ケネディーズとは?
インターンシップでも学校でもありません。端的に言い表すならば「次世代クリエイティブ増強プログラム」。さまざまな才能を持つクリエイターを集め、実際の仕事をスピーディに進めながら学んでいく場です。ケネディーズという名前は、ワイデン+ケネディの創業者の一人、アートディレクターのデイビッド・ケネディに由来し、各国の卒業生はワイデン+ケネディ各オフィスをはじめ多方面で活躍しています。東京では一期生5名のうち、2名が社員として登用されました。

募集概要
募集人数:最大6名
プログラム期間:2018年9月3日(月)〜2019年3月29日(金)
開催地:153-0051 東京都目黒区上目黒1-7-13
プログラム参加期間中は東京都が定める最低賃金が支払われます。
http://kennedys.jp

応募条件
クリエイティビティの力を信じ、多様性を受け入れるすべての人々に開かれています。2018年9月から7ヶ月間東京でのプログラムに参加でき、日本語で会話ができること。(英語が使えればより多くの刺激を受けるためのアドバンテージになりますが、マストではありません。)年齢、性別、学歴、職業、国籍、広告業界での経験は不問です。クリエイティビティの種類も問いません。デザイン、ライティング、コーディング、フォトグラフィー、音楽、ゲーム、ファッション、クッキング、なんでも構いません。

応募方法
下記6つの質問に答えることで応募することができます。
1. ありきたりな何かをつくってください。
2. 「心霊写真」を送ってください。
3. 少子高齢化を解決する方法を考えてください。
4. 好きな場所、時代、性別に生まれ変われるとしたら、どうする?
5. 「ん」の次にくるひらがなを発明し、発音も教えてください。
6. 意外なことをしてください。

締め切り:2018年7月20日(金)
選考結果発表:2018年7月27日(金)

SNSから随時情報を発信していきます。
Instagram Facebook Twitter

応募に関するお問い合わせ
info@kennedys.jp

NEW FACE | HARUTO+RYOTA

ケネディーズ一期生から、W+Kに入社した2名をご紹介します。メディアテクノロジストの遥人と、現代美術家でもある亮太。二人の今後の活躍にご期待ください!

We’d like to introduce two inaugural graduates of the Kennedys who have joined W+K: Haruto, a media technologist, and Ryota, a modern artist.


Haruto Murata 村田 遥人 | Junior Creative

神奈川県藤沢市出身。海まで徒歩10分の場所に住んでいながら、あまり泳げないという遥人は、小学校から野球一筋。自由研究のお題はグローブの歴史で、将来は野球のグローブ職人になろうと思っていたのだそう。

小学校5年の三学期という中途半端な時期に兵庫県西宮市の小学校に転校。関西弁の洗礼を受けるも、順応し、無事卒業。その後、小中一貫の中学校に入学。もはや幼馴染同士しかいない中学校で入学二日目に合宿という地獄を味わうも順応し、無事卒業。この辺から広く浅くが彼のモットーに。高校は校則なし、制服なし、髪型自由の歴史ある高校に進学するも、3年間坊主に黒服で野球漬け。自由を生かしきれないながらも順応し、無事卒業。

1年間浪人し、理系か文系かで迷っていたところ「文転はできるらしい」という言葉を信じて、理系総合大学に入学。材料工学を学ぶ。一年目は北海道の過疎地で寮生活。スキーに目覚め冬は雪山にこもり、それ以外は試験管を振りつつ、カンボジアに行くという生活に勤しむ。文転の兆しはなし。お金を稼ぐためにヤンキーのくるディスカウントショップと高級焼肉店でアルバイト。そこで、コミュニケーションの面白さに気付いたという。

大学院では第一志望の研究室に入れず、なぜかCGの研究室に入ったという遥人。その頃に研究室とは関係ないところでメディアテクノロジーに触れ、可能性を感じる。その研究室では、魚や貝を素手で掴んで、鍋に入れて食べるなどの海でのサバイバル能力とエンジニアへの尊敬を身につけた後、退学。別な大学院に進学し、1年間音楽と歩行に関する研究をした後、ケネディーズに参加。

モノづくりを趣味にしたいと思いながら、ついついドラマを一気見してしてしまう遥人は、コピーライティングとテクノロジーの力を信じている。

Haruto is originally from Fujisawa, Kanagawa. Although he lived only 10 minutes from the beach, apparently he’s not much of a swimmer. As a child, he was a baseball fanatic doing a summer project on the history of baseball gloves, and dreaming of becoming a glove maker.

He experienced an awkward phase, having to switch schools in the middle of 5th grade, when his family moved to Sannomiya, Hyogo. Adjusting to Kansai dialect was a challenge but he adapted well and successfully finished elementary school.

Haruto then entered a junior high school, one that’s integrated with the elementary school, and became the odd newcomer. He overcame another awkward experience, having to take part in a school camp from the second day but despite the adversities, he once again adapted well and completed junior high.

He joined a high school which, unlike most schools in Japan, had no strict student regulations, uniforms or hairstyle rules. Despite the freedom, Haruto spent his high school years immersed in baseball, with a shaved head and wearing just black. While failing to take advantage of his freedom, he once again adapted well and graduated.

He then took a gap year unsure as to which field to study, but finally decided to major in science having heard that it was possible to switch to humanities down the road. Studying material engineering in a science college, he spent the first year living in a dorm in a desolate town in Hokkaido. Finding his passion in skiing, he spent most of his winters in snow mountains, and spent the other seasons shaking test tubes and visiting Cambodia. There was no inclination to switch to humanities. To support himself financially, he started working part-time at a high-end yakiniku restaurant, and a discount shop frequented by juvenile delinquents, where he became interested in the field of communication.

For graduate school, he couldn’t get into the lab of his first choice, and settled for a CG research lab. Around this time, separate from the lab work, he was introduced to the field of media technology and noticed its potentials. He stuck with the lab for a while, acquiring marine survival skills of grabbing seafood with bare hands and cooking them in a pot, as well as respect for engineering, but withdrew and transferred to another graduate school to do a year research on music and ambulation before joining the Kennedys.

Despite his desire to further nurture his passion for creating things, he often ends up binge watching TV dramas. Haruto is a firm believer in the power of copywriting and technology.

Ryota Tsukamoto 塚本 亮太 | Junior Creative

亮太は大阪生まれ、兵庫育ち。小学生時代に水泳、卓球を始め、中学校で卓球、高校ではラグビー部で汗を流し、大学時代は琵琶湖のほとりで焚き火をして過ごしていた。20歳の時から個人的なものづくりをちゃんと始める。大学卒業後はパッケージ会社の営業で四国に1年、九州に2年。その後いっとき大阪のアートコミュニティーで無職生活を経て、大阪の船舶用設備製造会社で部品調達をしていた。(そこでフォークリフトとクレーンの免許を取得)。そしてケネディーズに加わるため上京。仕事の傍続けてきたプライベートワークではTOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2017 グランプリを受賞するなど、現代アーティストとしての顔ももつ。

好きな食べ物は、寿司、餃子、スナック菓子。ポテトチップ1枚で10mくらい動けるらしい。嫌いな食べ物は、生のにんじん、プリンのカラメルソース、大葉の天ぷら。ドライブが好きだったものの、東京に来てからは自転車生活に。太ももの形が変わってきたそう。田んぼに囲まれた生活から東京へ。東京も好き。田んぼも好き。

Ryota was born in Osaka and raised in Hyogo prefecture. He did swimming in elementary school, table tennis in junior high, and sweated out playing rugby in high school. In college, he spent his time enjoying bonfires on the shore of Lake Biwa. At the age of 20, he started creating things as his personal projects. After graduating from college, he worked as a sales rep at a packaging company in Shikoku and Kyushu, as well as having a job-free phase living in an art community in Osaka before he began working as a procurement manager at a ship equipment manufacture, where he obtained licenses to operate forklifts and crane trucks. Last year he moved to Tokyo to join the Kennedys. In addition to his day job, he continues to be active as a modern artist, recently winning the grand prix of Tokyo Frontline Photo Award 2017.

Ryota’s favorite food includes sushi, gyoza, and snack food – apparently one potato chip powering him to move 10 meters. His dislikes are raw carrots, the caramel part of caramel puddings, and shiso basil tempura. While he enjoys driving cars, he’s led a bicycle-based life in Tokyo, which apparently has toned up his thighs. It’s been a big shift from a life surrounded by rice paddies to Tokyo. He now loves Tokyo, but continues to love rice paddies too.

Try Castanet’s cookies!

かすたねっとは、練馬で30年続く手作りの焼き菓子専門店。ショップ併設の工房では、知的ハンディキャップをもつ菓子職人たちも一人一人が持ち味を生かして働いています。種類豊富なクッキーやパウンドケーキ、アップルパイなど、どれもシンプルで素朴な味わい。それもそのはず、添加物は一切使わずに素材の良さで一本勝負しているのだそう。

Castanet is a handmade baked confectionary shop in Nerima that has been welcoming its customers for over 30 years now. In the kitchen adjacent to the shop, confectioners with an intellectual handicap enjoy working together, making the most of their individual uniqueness. The shop has a wide range of baked confectionaries from cookies to pound cakes to apple pies, all of which boast their simple and rustic taste. It comes as no surprise, given the fact they don’t use any additives and instead focus on bringing out the best of the natural flavor of each quality ingredient.

そんなかすたねっとのお菓子とひたむきに働くスタッフの姿を組み合わせたポスターを作りました。また、工房の撮影をしたときに素敵な写真がたくさん撮れたので、それを使ってZINEも作成。

Featuring their delicious confectionary and their diligent staff, we have produced a poster for Castanet. Since we got to capture a lot of fantastic photos during our kitchen shoot, we also decided to create a zine.

練馬駅から徒歩7分のかすたねっとはテラス席のカフェもあるとても素敵な空間で、焼菓子はオンラインショップでも購入できます。優しいおいしさが、これからもたくさんの人に届きますように!

Seven-minute walk from Nerima station, Castanet is truly a charming place that even has a cafe space with terrace seats. Their confectionary can also be purchased on their online store. We hope that their gentle and heartfelt flavors will continue to warm the hearts of many!

NEW FACE | Chelsea

Chelsea Hayashi ハヤシ・チェルシー | Assistant Account Executive

チェルシーはニューヨーク生まれ、カリフォルニア育ち。ボストンの大学ではさまざまな分野を幅広く勉強。卒業後、東京に拠点を移し、インターンとしてW+Kに参画。東京での目まぐるしい生活に奮闘しながらも、朝の通勤電車では立ちながら寝る技を習得するなど、すっかり東京人と化している。好きなものはお日様、ランニング(サボり気味)、お腹の底から笑うこと、ピザ(でも実は乳糖不耐性)、あったかいハグ、そして新品のテニスボールの缶を開けた時の匂い。

Chelsea was born in New York, but raised in California. After graduating from college in Boston where she studied a bit of everything, she made the move to Tokyo to join WK as an intern. She has since found a home within the craziness, and learned to sleep standing up on the morning train. Favorite things include sunshine, running (kind of), deep belly laughs, pizza (though she’s highly lactose intolerant), warm hugs, and the smell of a freshly opened can of tennis balls.