W+K Tokyo

交通広告グランプリ Transit Ad Award Ceremony

昨年実施した「Googleで、できること。」の山手線のADトレイン及び連動イベントなどの企画が交通広告グランプリの企画部門最優秀賞に選ばれました。
これまでオンライン広告を主としてきたGoogleでオフラインの広告の賞を頂くというのは、大変意義があることだと感じました。

グーグルで、できること。

グーグルの岩村さん、馬場さん、博報堂さんとともに、受賞展示の前で記念撮影。

TransitAdAward

(左から)博報堂木村さん、グーグル馬場さん、グーグル岩村さん、大野真吾、岩井俊介、松永有子、博報堂MP榎本さん、博報堂渡井さん

賞をとることは広告活動の目標ではありませんが、こうやってみんなでお祝いができる機会があると、なんだかとってもハッピーになりますね。

今年は過去最多となる1,450点の応募があったそうです。TIAAもそうでしたが、アワードでどの媒体が元気があるか肌で感じることができます。