W+K Tokyo

TODAY: HITSPARK × W+K TOGO

hitspark_1.png

クリエイティブ・ポータルサイト「HITSPAPER」と「今の日本が持っている価値」を再発見し、世界に向けて提案するホテル「CLASKA」が共催で、多種多様な媒体・企業・プロジェクト・クリエーターとワークショップやトークセッションなどコラボレーションするクリエイティブイベント「HITSPARK」。
そこで今日W+K TO GOが復活します!!!

1/22 Friday
13:00~18:30

wk_twistory_logo_small.jpg

『物語のつづきを、みんなでつくろう。』

twistoryとは・・・
Twitterで紡ぐ、みんなでつくるstoryです。
ある1日に、ある登場人物に起こる出来事をみんなの140文字で繋いでいきます。
そして、その物語はHITSPARK@CLASKAで、同時にGRAVITY FREEによるライブペイントによって大きなキャンバスに描かれていきます。

物語は、13:00にここから始まります。

twistoryの書きかた:
1. 1月22日(金) 13:00-18:00の間に wktogo.com へアクセス
2. 現在までみんなのtwitterによって書かれたストーリーを読む
3. 最終ポストから、あなたの考えるストーリーの続きをtwitterで#wktwistory を
付けてつぶやく

これであなたの書いたストーリーが、次の人へとtwistoryを繋げていきます。

1/22 Friday
13:00~23:00
W+K TO GO -special installation-
『綵』 (あや)

日本の伝統芸能である華道とモーショングラフィックスをミックスしたインスタレーション作品。
「四季」という自然現象をもつ日本において、季節ごとに起こる様々な自然現象は人々の心に感動を与えます。
この作品では、永久に続いていく四季のループを通して、宇宙と自然の美しさ、厳しさ、はかなさ、壮大さなどを表現すると同時に、そこから生まれてくる自然や人を愛でる感情を、古今の芸術を融合して形象化します。

Artists:
華道家 渡辺仙伺 (2月中旬よりHP公開
映像作家 伊東玄己(W+K)GENKI ITO
音楽 佐藤礼央 LEO SATO

Live performance:
21:30からのクリエーター新年会では、ライブパフォーマンスで作品が進化する予定です。お楽しみに!

W+K twistory
“Let’s make the continuation of the story together”

What is twistory?
It’s a story that’s made by everyone with Twitter.
We will be continuing a story of a character that happens in one day, with everyone’s contribution of 140 words.
That story will be simultaneously depicted onto a large canvas at HITSPARK@CLASKA through a live performance by GRAVITY FREE.

The story will start from here from 13:00.

How to participate in twistory:

1) Access wktogo.com between 13:00 – 18:00 on January 22nd (Friday)
2) Read all the previous stories posted on twitter
3) Continue the story from the final story on twitter with #wktwistory.

Your story will then continue on to the next person.

1/22 Friday
13:00 – 23:00
W+K TO GO – special installation-
“AYA”

Installation artwork that is a combination of Japanese traditional ‘kado (flower arrangement)” and motion graphics.
As we live in a country with four seasons, the various phenomenon of nature touches the Japanese people’s heart.
This artwork depicts the beauty, harshness, fragility, vastness of the universe and nature through the never ending four seasons.

Artists:
Senshi Watanabe – Flower arrangemet artist
GENKI ITO (W+K) – Visual artist
LEO SATO – Music

Live Performance
At the creator’s new years party from 21:30, check out the art work that will advance through the live performance.

Merce Death on Public Image

publicimage_mercedeath

W+K Tokyoのデジタルアートディレクター、大野真吾 a.k.a Merce DeathPUBLIC IMAGEの単独インタビューを受けました!ミュージシャンとしての活動やUstreamを使ったWorld Jam bandの話など、普段はなかなか詳しく聞く機会がない話が盛りだくさんです。最近携わった仕事の話もしていますので、ぜひぜひ読んでみてくださいね!

NIKE TASUKI TWITTER

One of Japan’s most watched sporting events is a running event called Ekiden, a marathon relay. The most famous is the Hakone Ekiden where 10 runners from universities each run 20+ km over the 2 days of January 2 and 3 every year. This year’s was its 86th race.

Nike Japan tasked W+K Tokyo to come up with an innovative, interactive campaign to cheer and celebrate the four universities that Nike supports: Komazawa, Josai, Toyo, and Waseda.

THE INSIGHT
During the race, each runner on the team runs and passes the “Tasuki”, a cloth sash baton, to the next runner. The Tasuki is the symbol of the strong bond and will of the teammates. Ekiden and the passing of the Tasuki resonate with the Japanese people’s mentality of uniting the team’s spirit.

THE IDEA: NIKE TASUKI TWITTER
We set up an official Nike Running Twitter account and kicked it off with a fun Ekiden event. First, we collected cheering tweets and sewed strong and passionate ones onto individual tasukis for each team.

r00175331.jpg

tasuki01.jpg

We also streamed the stitching live on USTREAM.

tasuki031.jpg

The cheers must have reached the runners! Toyo University won the race 2 years in a row while all other Nike supported teams placed in the Top 8.

twitter.jpg

Within 12 hours after the race, the stitched messages were put together into a big, long Tasuki to be presented to each team and also be displayed at the Nike Harajuku flagship store. The messages represented the dramatic race and the passion from the fans, alumni and teammates.

The Nike Running Twitter announced a celebration event to take place at Nike Harajuku the day after the race. Messages flew around Twitter and gathered hundreds.

img_0796.jpg

Special Thanks to our friends at Rhizomatiks who made this happen!!

tasuki06.jpg

SHINGANIST SHOWCASE 3 TOKYO

shinganist_tokyo_low_bk.jpg

パンクロック、ヒップホップ、スケートボード、グラフィティ、といった舶来のサブカルチャーと、それらを彩ってきたアートに影響を受け創作を始めた5人のアーティストによる展覧会です。彼等は皆70年代生まれで、例えれば、英語と日本語、畳とフローリングが同居することに違和感を感じない世代、それらを自由に選択できるようになった世代です。しかし同時に、欧米化してしまった生活、環境、価値観に疑問を感じ、日本人、日本文化を再確認しようと、模索しはじめた世代とも言えます。彼等5人も同様に、日本の生活の中で、日本、海外での創作を通じて、それを日々模索し続けてきました。輸入されたカルチャーに強く影響されながら、欧米化した日本の価値観へ疑問を持つ矛盾。その矛盾は、5人の中で、作品を通じてどう消化され昇華したのでしょうか?矛盾や混沌の中から光を見いだし始めた、メディアや美術史で語られる事の無い、新しい日本の美意識がこのショウの最大の見所です。尚、ブックの出版記念を伴ったこのショウは、サンフランシスコ、ロンドンを巡回し、ここ東京が最後の開催となります。4日間という短期間での開催ですが、今最もエッジぃなアーティスト達の作品を目撃するいいチャンス!

shinganist_tokyo_ad_3_bk.jpg

シンガニスト ショウケース3 東京
SHINGANIST SHOWCASE 3 TOKYO
Book Release & Group Show Curated By Usugrow

ARTIST
薄黒 文字図形 野坂稔和 べん 金子潤
USUGROW, MOZYSKEY, TOSHIKAZU NOZAKA, BENE, JUN KANEKO

INFORMATION
会期:2010年1月22日(金) 〜1月25日(月) 入場無料
会場:トーキョーヒップスターズクラブ THC 2階
TOKYO HIPSTERS CLUB 2F / 150-0001 東京都渋谷区神宮前6-16-23

日経広告賞 Nikkei Advertising awards

p1060447.jpg
グーグルの「未来のためのQ&A」の新聞広告が日経広告賞(コンピューター、ネットワーク部門 部門賞)を受賞しました!「未来のためのQ&A」は有権者と立候補予定者のより開かれた対話を促すことを目的とし、より多くの質問の投稿と質問に対する回答を集めるため、衆議院解散一週間前の7月15日に全国紙に掲載されました。
Google’s full page ad on “Choose your future” campaign was awarded The 58th Nikkei Advertising awards! It ran on July 15 to announce the portal and campaign.