W+K Tokyo

Four Months after March 11th

light-rising.jpg

Today marks 4 months since the massive earthquake in Tohoku Japan. Daniel Soder, together with Mike Boutté, Michael Gibson, and Keith Weaver sent us this art work as a part of our Hinomaru Art Project. We appreciate their expression for our country. Please see the video at the bottom of this post, “Light Rising.”

震災から4ヶ月目の今日、米国アトランタ州のアーティスト、Daniel Soder、 Mike Boutté, Michael Gibson,  Keith Weaverの4名が、わたしたちのHinomaru Art Projectの一環として制作し、日本へのメッセージとともに送ってくれた作品をご紹介します。「Light Rising」の動画をご覧ください。

2.JPG

3.JPG

7.jpg

6.JPG

9.jpg

…from the Artists’ Statement

“Hinomaru represents the sun – the source of all light. Light is color, and color and light convey emotional realities that words and images fail to communicate. In the spirit of collaboration, we wanted to create something we would be proud to send to Japan that captured that spirit.”

“We designed and produced a light painting exactly three minutes and eleven seconds long. Our goal was to tell the story of Hinomaru in a way that we hope will evoke hope, inspiration, balance and harmony. Just as the sun rises and falls, each new day brings a chance to heal and appreciate the wonder of life. And while nothing can erase the loss and sorrow resulting from the tragedy in Japan, perhaps we can take comfort in the beauty of light and color – and can look with hope on the new sun that rises each and every day. From us to W+K Tokyo and the Japanese people: please accept our humble love letter and homage to Hinomaru.”

…アーティストの声明より

「Hinomaruは 、太陽を意味しています。それは、すべての光の源です。光とは、色であり、色と光は、言葉や写真では表現することができない現実的な感情を表すことができます。このコラボレーションを通して我々は、その精神を表現する作品を届けたいと考えました。」

「今回わたしたちは、3分11秒の光のペインティングをデザインし、制作しました。この作品を通して、希望や、インスピレーション、そしてバランスや、ハーモニーを思わせるHinomaruの物語を綴ることが ゴールでした。太陽が昇り、沈んで行くように、新たな日が癒しをもたらし、そして生命の素晴らしさをまた感謝する機会をもたらしてくれるように。あの悲劇がもたらした悲しみや喪失は、消す事ができませんが、光や色の美しさは、人に心地よさを与えてくれます。どんな日も、毎日日が昇るという希望と同じなのかもしれません。わたしたちから、W+K Tokyoへ、そして日本の全ての人々へ。わたしたちからのささやかなラブレターとHinomaruへの敬意を込めて。」

“>Light Rising from es”>Allies on Vimeo.

Our Great Brains on the Latest Brain

bookcover02.jpg

Japan loves to wrap. And we believe in its beauty and the tradition. Wrapping a new book with a piece of paper is also a part of our strange yet beautiful culture. So, have you checked the latest issue of Brain, a Japanese monthly on advertisement and creativity? The issue comes with a book cover designed by W+K Tokyo’s Art Director, Naoki Ga and Designer, Shuhei Aoyama. Thanks to Takeo, a leading paper distributor in Japan, for this material called Craft Reproliner, which is very similar to cardboard paper. The two young brains of W+K Tokyo turned the paper into a piece of art;  a book cover that can help you deliver your thoughts to someone you care. Please check the latest Brain at the newsstand, and take a look at the book cover!

ブレーンの最新号、チェックしましたか?W+K Tokyoのアートディレクター、何 直己と、デザイナーの青山 周平のデザインしたブックカバーが付録なんです。このブックカバーには、株式会社 竹尾のクラフト リプロライナーという段ボールに使用される素材と同じ紙が使用されています。W+K Tokyoの若きブレーン達が、この素材を、だれかに想いをプレゼントできるブックカバーという、一つのアートとして仕上げました。本を気持ちと共に届ける段ボールのような包み紙。ぜひ、ブレーン最新号をご購入の上、手に取ってご覧ください。

dsc_7836.jpg

dsc_7803.jpg

From left, Shuhei Aoyama + Naoki Ga