W+K Tokyo

DJ Puripuri and Paul Nonaka

This is the image of Kintaro, a famous super hero from a traditional Japanese folklore.

上の画像は、みなさんご存知の昔々あるところに…の「金太郎」です。

And this is DJ Puripuri on the cover of the latest mauleaf, a quarterly published by Musashino Art University. The issue is entirely dedicated to this 27-year-old “mysterious creature” and his various unique projects. You might spot him in the crowded art gallery events, late night in club ageHa, or even at the mathematic tutoring school in Asakusa-bashi, looking just like Kintaro.

そして上が武蔵野美術大学の広報誌 mauleaf最新号の表紙に写るDJぷりぷり。彼を「UMA」と記し、DJ ぷりぷりとその活動を特集している。この写真そのままの衝撃的な姿の彼を、様々なアートイベントやメディアアートの展示会、またはageHaや、浅草橋天才算数塾など、東京中のランダムな場所で目撃する人も少なくないでしょう。

Even if you read the entire magazine and try to google his name for hours, you still don’t understand what he does or what he is. So we decided to invite DJ Puripuri and his partner, Pauro Nonaka to our office to get to know them.

この一冊を丸ごと読んでみても、何時間もググってみても、彼が何やって生きてるのか、何者なのかすらも理解できなかった。だから、DJぷりぷり氏とパートナーのパウロ野中氏をオフィスにご招待して、仲良くなれるか試みてみた。

After 45min, we were still not sure how they live off of what they do, such as operating their event space/bar/math tutoring school/music label/fortune telling service. But they seem to connect with the interesting people to get involved in various events and projects. “No concept,” they said, but they organically transform themselves and maneuver around the wide range of Tokyo culture. Their way of living sound very futuristic to us.

そして45分後、やっぱり彼らのことは完全に理解できなかった。浅草橋のイベントスペース兼バーであり、音楽レーベルであり、天才算数塾であると同時にタロット占いまで行う「店」で一体どうやって生計を立てているんでしょうか。ただ確かなのは、彼らは面白い人々と繋がることで、たくさんのクリエイティブなイベントやプロジェクトに関わり、またリードしているということ。「ノーコンセプト」と言っていたけど、いろいろな環境に合わせてあくまでも自然に変身しながら、東京の様々なカルチャーの枠を越えて動き回っている。なんだか、とっても魅力的で未来的な生き方のように思えました。

“>柴田聡子/芝の青さPV

And the 1st album that’s recently released from their label is unexpectedly good.  No concept is the new freedom, may be?

そして、彼らの浅草橋天才塾のレーベルとして初のアルバムがリリースされたばかりとのことですが、これが予想外に良かった。ノーコンセプトこそが、新たな時代の自由。なのかも。

Thank you for visiting us!