W+K Tokyo

W+K Tokyo seeks a designer

W+K Tokyo is looking for a designer to join our studio team. The ideal person will be an experienced graphic designer with both strong design and production skills. They must be fluent in Japanese. English skills is preferable but not required. Please send in your website URL or digital portfolio to tokyodesigner@wk.com.

W+K Tokyoではスタジオデザイナーとして仲間になってくれる方を募集します。デザインとプロダクションスキルの両方に優れた、経験あるグラフックデザイナーが希望です。日本語が堪能であることが必須です。英語ができれば尚可ですが、必須ではありません。ご興味のある方はポートフォリオやウェブサイトのリンクをtokyodesigner@wk.comまでお送りください。ご応募お待ちしております。

The Famous Cat on LINE now


A very famous furry kitty, Oronyain has now turned into free LINE stickers for the popular messaging application.

これまでMixiやiPhoneアプリでも大人気になった、オロナインH軟膏が提供する「なで猫オロニャイン」が、現在急激に利用者数を増やしているアプリ、「LINE」の無料スタンプとして登場しました!

Praise your love ones’ hard work by sending these free Oronyain stickers. The friendly kitty will communicate more than the words for you. There are 8 types of stickers available to download for free till Monday, December 10th, 2012.Once you download, you can use the stickers for 180days.

ふんわりとした質感で思わずなでてあげたくなる「なで猫オロニャイン」のスタンプは全部で8種類。いつもなでられているオロニャインが、LINEのスタンプではみんなを褒めまくります。いつも頑張る大切なあの人を、オロニャインの無料LINEスタンプでほめてあげましょう。2012年12月10日(月)までダウンロード可能です。ダウンロード後は、180日間使用できます。LINEのスタンプショップから急いでダウンロードして、みんなをほめちゃおう。


>>LINE公式ブログ

お母さんの手も育つ

Our new work for Oronine TV commercial is now available to view online.

オロナインH軟膏の新たなTVコマーシャルが公開されています。オンラインでもご覧いただけるのでぜひチェックしてください!

60秒

Oronine H Ointment is a brand with a long history, and a special place in people’s hearts and medicine cabinets. In recent years, the brand has been communicating the message of “praise working hands”, to support the hands of working women in Japan.

長い歴史の中で、愛され続けてきたオロナインH軟膏。

近年は、「働く手をほめよう」というコンセプトの元に、

働く女性と、その女性の手を応援したいというメッセージを発信してきました。

In our fourth year of working with the Oronine brand, we tried to reach new users while staying close to existing fans. Our new target was young women who recently became mothers.

 

W+Kがこのお仕事を担当して4年目の今年は、

今までのオロナイン・ユーザーにも愛されつつ、

新しいユーザーを開拓するコミュニケーションを試み、

そのメイン・ターゲットは、新しくお母さんになった、若い女性たち。

The new TV spot depicts the working hands of young mothers, told from the perspective of the hands.

テレビCMでは、新米ママたちの手作業を、「手」の視点から見たような映像で描いています。

DIY-FT PUNK?!

W+K Tokyo’s techy one-man band, Shingo Ohno a.k.a. Merce Death has evolved into another form for his new personal project. The radient futuristic rainbow man, OBSNVSR stood in front of the crowd for the first time to perform at Fukuoka Graf last week. His main instrument is the legendary 80’s synth guiter, Casio DG-1 with a kaoss pad attached.

W+K Tokyoを代表するテッキーな一人バンド、大野真吾 a.k.a. Merce Deathが新たなプロジェクトとして第二形態(?)に変身を遂げ、先週初めてFUKUOKA GRAFの観客の前でパフォーマンスを行いました。全身から虹色の光を放つ男、その名はOBSNVSR。80年代のシンセサイザーギター、Casio DG-1にカオスパッドをアタッチしてパフォーマンスをした映像がこちら。

first GIG at Fukuoka Graf

Wait a minute… that instrument looks so familiar…
Shingo brought Casio DG-1 to the shoot for our NEW PORTRAIT that’s inspired by Japanese old time idols!

ん?待てよ…なんか見覚えのある姿…
そうだ!とっても面白いって話題になってるW+K Tokyoの新しいプロファイル写真の撮影で持ってたヤツじゃーん!

OBSNVSR was inspired by OBASAN style, or Japanese word for aunties style, in Asakusa where all of us went to shoot our portrait photos at the old school photo shop. The plastic face cover is what Japanese women use to protect their face from sunburn (300JPY.)  OBSNVSR, you are so futuristic yet so cheap and domestic we love it. Now we have to keep our eyes on Merce Death live gigs and this futuristic OBSNVSR performances.

OBSNVSRの字の並びは、パッと見OFWGKTAみたいでカッコいいんだけど、「オバサンバイザー」の意味とのこと。ポートレートの撮影であの有名なマルベル堂を訪れた時に見つけた300円の「サンバイザー」を装着してシンセ持ってみたら、この超未来系一人バンドのアイデアが浮かんだみたい。OBSNVSRってば、80年代なのに超未来系で、しかもお財布に優しいだなんて最高じゃない!! 今後はMerce DeathのライブgigもOBSNVSRの進化系パフォーマンスも両方チェックしないと。

Keep glowing!!

光ってますね〜

>>Merce Death Website

 

Nakamegrotesque Street

Something bad happened on Halloween 2012 in Nakameguro. One creative agency. One pumpkin. One dark footpath. One terrible night.

2012年のハロウィーン、中目黒はダークな夜になりました。一つのクリエイティブエージェンシー。一つのパンプキン。暗闇の路地で、ダークな夜。

Props to Shingo, Yuki, Hiro, Yuka, Ryan, Ken & Simone.