W+K Tokyo

Nike Baseball “SENSEI (PLEDGE)”

Wieden+Kennedy Tokyoが企画制作したNike Baseball新CM「宣誓」が昨日の対キューバ戦で初めて放送されました。

Last night during the World Baseball Classic, W+K Tokyo and Nike launched a new point of view on baseball in Japan.

このキャンペーンは、努力を続けるすべての若者たちが、自分のチームや社会に貢献しながらも個人として認められるきっかけをつくりたいのです。厳しい練習やひたむきな努力への報いであり、個人としての彼らに光を当てるキャンペーンです。
本CMは、野球の大会で選手宣誓の際、「自分」の活躍を強調した宣誓を行う青年の姿を通して、どのスポーツでも選手達はチーム、コーチ、ファン、対戦相手そして世界にインスピレーションを与える事ができ、その自信や自分への誇りが結果的にチームの為になるというメッセージが含まれています。
また、MLBのレジェンド野茂英雄さんとボストンレッドソックスの上原浩治選手も出演しております。

This campaign will serve as inspiration for baseball players to not be afraid to take center stage and stand out as an individual. It is about making people take notice and getting payback for all the hard work and dedication they put in. The spot, “SENSEI (PLEDGE)”, features cameos from two Japanese baseball greats, Hideo Nomo (MLB legend) and Koji Uehara (Boston Red Sox).

ひとりひとりが、世の中をざわつかせる時が来たのです。

It’s time to make them talk.