W+K Tokyo

Sony Vaio new global campaign

Our new global campaign for Sony VAIO launched this month.

We created print, TV and video pieces centering around the idea of inspiring people to ‘do something great with computers.’ The world of computer advertising is filled with specs, but we wanted to focus on the human aspect of computing. We wanted to inspire makers, doodlers, tinkerers and inventors to go use a computer and bring their vision to life.

Wieden+Kennedy Tokyoが制作した、Sony VAIOの新しいグローバルキャンペーンが先月、ついにローンチしました。

今回のキャンペーンでは、「コンピューターを使って、すごいことをしよう」というアイデアを軸に、プリント広告、テレビCM、一連のムービーを制作しました。

創作する人、落書きする人、あれこれいじくりまわす人、発明する人。そんな人達に刺激を与え、思い描いたものを形にする、コンピューターの人間的な側面に焦点を当てました。

 

The TV spot for the Sony VAIO DUO ‘This is a pen’ is all about people using Sony’s new pen to write, draw and doodle by hand. It’s a pretty magical and VERY accurate digital stylus.

Sony VAIO DUOのCM “This is a pen” では、まさに魔法のようで、とにかく正確なデジタルスタイラスペンを使って、書いたり、描いたり、いたずら書きをする人たちを大胆に描いています。

The print work portrays portraits of creators standing next to what they created using their VAIO computers. You can take a look at some of the work here, and then go out and find your own something great to do with a computer.

そしてプリント広告では、創作者の顔写真とその創作者自身がVAIOを使って生みだした作品とを並べてコンピューターの人間的な部分を表現しています。

あなたも、コンピューターを使って、すごいことをやってみませんか?

 

その他の一連ムービーはこちらからご覧ください。