W+K Tokyo

CITIZEN: CHASING HORIZONS

シチズン時計株式会社初のグローバル・ブランドキャンペーン「CHASING HORIZONS」をローンチしました。
Hot on the heels of the Citizen global brand statement work, we are excited to announce our latest work in support of Citizen’s 2014 flagship watch.

“>
地球上どのタイムゾーンでも最短3秒で宇宙からの時を受信する、2014年フラッグシップモデル「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」。この革新的機能を体現すべく、タイムゾーンを越えながら沈み行く夕日を追いかけ、同じ時に滞空するという試みに挑みました。
No matter where you are on earth, Citizen’s 2014 flagship model – the new Eco-Drive Satellite Wave F100 – adjusts to the current time zone in just three seconds. To demonstrate the watch’s unique ability, Citizen undertook this ambitious experiment to chase the horizon and endeavor to live in the same hour for as long as humanly possible.

ワイデン+ケネディーの東京とアムステルダムオフィスとの共同制作のもと、フォトグラファーのサイモン・ロバーツと元NATO パイロットのジョナサン・ニコルに、この挑戦をもちかけました。キャンペーンフィルムは、ドキュメンタリー監督として高い評価を受けるトリステン・パターソンが手がけ、今回の試みを描いています。
Created jointly by Wieden+Kennedy Tokyo and Amsterdam, Citizen’s first global campaign challenged photographer Simon Roberts and ex-NATO pilot Jonathan Nicol to chase the sunset across the Earth’s time zones. The short film by acclaimed documentary director, Tristan Patterson, portrays the story of the journey itself.

時間とのレース。時を惑わし、地球から一夜を盗んだ彼らの物語。
CHASING HORIZONSは、シチズンが1930年の創業以来、初めてグローバルで展開するキャンペーンです。
Race against time. A story about people fooling time and stealing one night from the planet. CHASING HORIZONS is the 84 year-old watchmaker’s first-ever global campaign.