W+K Tokyo

Nagoya Women’s Marathon

昨日3月8日(日)、「名古屋ウィメンズマラソン」が開催されました。
約18,000人のランナーが走り抜いたマラソンには、3人の女性ランナー NAO、NATSUMI、KANA も参加しました。W+K Tokyoは、過去にマラソンを完走できなかった彼女たちの再チャレンジを描いたドキュメンタリーフィルム Nike Presents「Re: RUN」を制作しました。

On Sunday March 8, Nagoya Women’s Marathon was held.
While the total of roughly 18,000 runners run, there were 3 runners, Nao, Natsumi and Kana who could not complete a marathon in past. W+K Tokyo followed their challenge to Nagoya and created the documentary films, Nike Presents “Re:RUN”.

20歳のNAOは、友達の中で自分だけが完走できなかったフルマラソンに再挑戦する。わたしにだってやり遂げられる。そのことを、家族に、大学の友達に、そして自分自身に証明するために。
20 year-old NAO could not finish a marathon in past while all her friends did. She decided to try again to prove that she can do it to her family, college friends and herself.

夢中になれることが見つからないまま生きてきたNATSUMIがようやく見つけた、ランニングという宝物。
NATSUMI who could not feel passionate about anything, but she finally found her treasure, running.

ハーフマラソン等でたくさんのメダルや賞品をとってきたKANAは、フルマラソンに失敗したとき、そのすべてを捨てた。名古屋ウィメンズマラソンで、捨てた自信を取り戻すことはできるだろうか。
KANA has won many medals and prizes at half-marathons and other running events. When she could not finish a full-marathon, all that for nothing. She runs at Nagoya Women’s Marathon to get back the confidence she gave up.

そして、W+K Tokyo Girlsも参加しました!全員完走!
Also, our W+K Tokyo Girls run, too! All finished beautifully!

BIG OTSUKARESAMA!