W+K Tokyo

All about font

Last night, Tota spoke at the talk event Pen x Type Project “A person who designs a font. A person who designs with a font” with Type Project director Mr. Isao Suzuki at Daikanyama T-SITE. They talked about various case studies such as Type Project’s City Font Project, Tota’s past works, etc… There’s a lot more fonts can do for you, and vice versa.

昨晩、代官山T-SITEで Pen x Type Project 主催のトークイベント「フォントをデザインする人。フォントをデザインする人。」が開催され、長谷川踏太がType Project代表 鈴木功さんと対談させて頂きました。タイププロジェクトさんの「都市フォントプロジェクト」や、長谷川踏太の過去の作品など、様々なフォントの話が繰り広げられました。フォントが出来ること、フォントで出来ることはまだまだ沢山ありそうです。

The eyewear brand TYPE is also inspired by typefaces. As the choice of typefaces affects expressions in written communication, subtle design differences in eyeglasses flames changes the impression of the person who wears them.

眼鏡ブランドTYPE もまた、フォントにインスパイアされて生まれました。文字を使ったコミュニケーションで、フォントの違いがメッセージの伝わり方を変えるように、眼鏡のフレームの微妙なデザインの違いは、かける人の印象を大きく変えます。

また、この日はType Projectさんの新商品「TP明朝フィットフォント」も発表されました。フィットフォントは、目的や好みに応じて、文字の太さやコントラストを微細に調整し、最適なフォントを購入できるという、なんとも革新的なサービス。フィットフォントのサイトからでも、その気持ちよさが伝わると思います。

Also, Type Project introduced a new service; TP Mincho FitFont. FitFont provides adjustable functions that make it possible to retain a balanced state with proper character proportions, even when the weight, contrast or character width is changed. It’s kind of revolutionary. It actually feels great. Check it out at FitFont’s website.

Have a good weekend!