W+K Tokyo

New Face | Kuyan+Azsa+Jess+Kana+Mattijs

Introducing new faces landed at W+K Tokyo over the past several months.
この数ヶ月にW+K Tokyoに参加した新メンバーをご紹介します。

W+K_Kuyama Hiroshi
HIROSHI KUYAMA 久山弘史| Creative Director

Hiroshi Kuyama used to work at Wieden+Kennedy Tokyo until 2012, then worked freelance. In 2013, he marked 3 hours 11 minutes at Toyama Marathon. In 2014, after recovering from a meniscus injury, he made a comeback with half-marathon. From 2016, he is a creative director at Wieden+Kennedy Tokyo.

2012年までW+K TOKYOに所属後、フリーランスとして活動。2013年富山マラソンにて3時間11分を記録。2014年に左膝の半月板損傷後、リハビリ期間を経てハーフマラソンに復帰。2016年からW+K TOKYOに復帰。

W+K_Azsa West
AZSA WEST エイジア・ウエスト | Creative Director

Azsa West comes from a haunted little surfer town in Southern California. She was raised by dolphins, skaters, aliens and a new age graphic designer. Azsa is a multidisciplinary creative with a background in art direction, writing, illustration, and film. She studied photography and illustration at The California College of Arts in San Francisco and graduated from W+K 12 with an emphasis on art direction and writing. She has exhibited works in Los Angeles, Portland, New York, Brazil, Sydney and Paris. A book of her drawings “Nature Study on Lonesome Island” was published in 2011. Azsa’s work has been featured in publications such as New York Times, Ad Busters, Huffington Post, Creativity, Girls Like Us, Put A Egg On It, CMYK, Fader, Good Magazine, and Fast Company. She currently works at W+K in Tokyo as a Creative Director.

エイジア・ウエストは、南カリフォルニアの小さなサーファータウンの出身。イルカと、スケーターと、宇宙人と、ニュー・エイジ・グラフィックデザイナーの元で育つ。カリフォルニア美術大学で写真とイラストを専攻した後、W+K12でアートディレクションとライティングを重点的に学ぶ。アートディレクション、ライティング、イラストレーション、そして映像制作まで幅広い経験を持つ。また、彼女のアート作品は、ロサンゼルス、ポートランド、ニューヨーク、ブラジル、シドニー、パリなど各地で展示されている。 2011年にはアートブック「Nature Study on Lonesome Island」が出版され、これまでNew York Times、Ad Busters、Huffington Post、Creativity、Girls Like Us、Put A Egg On It、CMYK、Fader、Good Magazine、Fast Companyなどの出版物で自身の作品が取り上げられている。7月よりW+K東京のクリエイティブディレクターとして東京で暮らす。

W+K_Jess
JESS ジェス | Studio Assistant

Jess was born in Brazil and raised in Shizuoka.
Before joining W+K Tokyo, Jess worked for the post production house Cutters Tokyo as Client Service Manager. She loves to draw/paint, to cook, and high places. She’s always down to walk around, explore the city and meet new people.

ジェスはブラジル生まれの静岡育ち。W+K Tokyo入社する前は、ポスプロハウスCutters Tokyoでクライアント・サービス・マネージャーをやってました。ジェスは絵を描くのと、料理と高い所が大すき。いつでも新しい人にあったり、のんびりして街に歩くのが好きな子。

W+K_Kana Ikushima
KANA IKUSHIMA 生島佳奈 | Account Supervisor

Born in Osaka. Kana studied abroad in Portland in the U.S. during her college days. After she graduated the college in Japan, she worked at a brand side, but then decided to join the agency side. She loves running, and has completed a full marathon for 8 times. She also loves to eat and cannot get enough of ramen and junk food. Kana’s dream is to complete the World Marathon Majors.

大阪府出身。大学時代にポートランドに留学。卒業後、日本でメーカーに勤めるが、一念発起し広告業界にチャレンジすることを決めた。ランニングが趣味でこれまでに8回ほどマラソン大会に出場。美味しいものを食べるのが好きで、ラーメンとジャンクフードには目がない。夢は世界6大マラソンを全て制覇すること。

W+K_MattijsDevroedt
MATTIJS DEVROEDT マテス・デヴロッド | Senior Strategic Planner

Mattijs is Belgian and started his advertising life as a strategic planner at the Belgian creative agency Duval Guillaume. He then crossed the Channel to work at Ogilvy London and adam&eveDDB London. Today, five years after first leaving his home country, Mattijs is moving to Tokyo to join Wieden+Kennedy Tokyo as a senior strategic planner. Outside of work, Mattijs spends his time traveling, painting and eating.

ベルギー出身。ベルギーのクリエイティブ・エージェンシー Duval Guillaumeでストラテジッツク・プランナーとして広告業界でのキャリアをスタートする。その後、海を渡りロンドンに。Ogilvy Londonとadam&eveDDB London で経験を積む。故郷を離れて約5年、シニア・ストラテジック・プランナーとしてW+K東京に参加するため東京に引っ越してきてマテス。趣味は旅行、絵を描くこと、そして食べること。

W+K Tokyo