W+K Tokyo

Will Smith at Our NY Office!

Will Smith’s latest movie, “Collateral Beauty”, opening on February 25th takes place at our W+K New York office. The office is used in various scenes throughout the film as the ad agency Howard (played by Smith) manages. So, let us take you through our New York office.

2月25日より公開されるウィル・スミス主演映画『素晴らしきかな、人生』は、W+Kのニューヨークオフィスが舞台。ウィル扮するハワードが経営する広告代理店として、全編を通してさまざまなシーンで使われています。今回はそんなニューヨークオフィスの様子をご紹介。


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

The film will be released on February 25th at Marunouchi Piccadilly, Shinjuku Piccadilly, and other theaters nationwide. As you watch this film and follow the story, we would like you to take notice of the conference room where the monitor comes down from the ceiling, and all the graphics that make up the office interior. The office is located in Manhattan, and has a spiral staircase that goes through the floors of the building. The office was designed by WORKac, an architectural firm that is also based in New York.

この映画は2月25日から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー予定。ストーリーと一緒にぜひチェックしていただきたいのが、天井が開いてモニターが出てくる会議室や、至る所にグラフィックが散りばめられたインテリアです。オフィスはマンハッタンにあり、ビルのフロアを突き抜ける螺旋階段がシンボル。デザインは同じくニューヨークの建築事務所WORKacが手がけています。


Our “coin staircase,” made of walnut wood, connects the 6th and 7th floors. It can also be used as an auditorium when people gather here.
6階と7階を繋ぐのは、ウォルナット材の「コイン・ステア」。この大階段にみんなが集まり、講堂のようにも使えます。


A bar to grab a drink after work. There’s also a library above the staircase.
仕事終わりにはオフィス内のバーで一杯。階段の上にはライブラリーコーナーがあります。


This casual meeting area is like someone’s living room.
まるでリビングルームのようなカジュアルなミーティングスペースも。


Blueberries grow in this outdoor space, where you can catch fresh air as you have lunch or meetings. There’s even yoga classes held.
ブルーベリーが茂るアウトドアスペース。外の空気を吸いながらランチやミーティングができるほか、ヨガのレッスンも開催されています。

We’re actually jealous of our New York colleagues, knowing that this is their actual office, and not a movie set. It’s not as big, but we will feature our Tokyo office soon, so don’t miss out!

これらが映画のセットではなく実在のオフィスだと思うと、ニューヨークの同僚たちが羨ましくなります。規模は異なりますが、近々東京オフィスのインテリアも公開しますのでお楽しみに!

REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017

Shinya, who is currently spending his 3rd year in Portland and working at W+K Portland, updated his travel guide “REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017: #REALPORTLAND” that lists places that he truly recommends going to.

ポートランドのW+Kで働き、現地生活3年目を迎えるShinyaが本当にオススメできるスポットだけをまとめた​、『REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017: #リアルポートランド』が​​2017年版としてアップデートされました。

Real PDX 

The first edition was published in 2015, and quickly became 5th in Amazon’s new books for “overseas travel” just by word of mouth. A year and a half later, he has updated the book with an addition of 36 new shops and favorite restaurants that are not listed in the previous edition. These are places that Shinya, who is almost 30, a (not-so-affluent) bachelor went to eat, drink, shop and have fun after work or on weekends. The only criteria in selecting these places are whether or not he can “recommend it to Japanese people”. This book is filled with information about “real” Portland, as the city continues to grow each day.

2015年に発行し口コミだけでAmazon新書 「海外旅行」部門第5位になった前号の発行から1年半。その間に新しく見つけたお店、新しいお気に入りのレストラン、前号には掲載しなかったお店など、36のスポットを追加してアップデートした最新号です。30歳を目前にした独身(*貴族ではない)のShinyaが毎日仕事帰りに、週末に、食べ歩き、飲み歩き、遊びに行き、買ってみたものの中から「日本人にオススメできるかどうか」ということがセレクトの唯一の基準。街として日々着実に成熟度を増しているリアルなポートランドが詰まっています。

This fully re-edited edition, along with 75 locations, includes detailed information on farmers markets that you will not find anywhere else (he has been going around every week for the past 3 years). All locations include links to Google Map©, so it is easily accessible via Kindle, iPhone and other smartphones. That way, there is no need to wander around with the travel guide in hand!

約75スポットに加え、どこよりも詳しいファーマーズマーケット情報(筆者が3年間毎週通っている)を網羅して、完全再編集。すべてのスポットにGoogle Map©のリンク付きなので、Kindleはもちろん、iPhoneやスマートフォンで簡単に地図にアクセスできます。現地で、書籍のガイドブックを持ちながらウロウロしなくて済むように設計されています。