W+K Tokyo

Ben & Jerry’s Ice Cream

夏休みも始まり、本格的に夏がやってきました。
眉間にしわが寄りがちな季節ですが、こんなときはアイスクリームを食べてクールダウンしましょう。今日はW+K東京が手がけているBen & Jerry’s Facebook ページより、毎日が楽しくなるアイスクリーム達をご紹介します。

The summer break has started, and Japan’s real heat is finally here.
During this season we tend to knit our brows, so its nice to cool down once in a while with an ice cream. Today, we’d like to introduce some of the ice cream that makes our everyday work fun at W+K Tokyo with the Ben & Jerry’s Facebook page we’ve been working on.

「海の日」はビーチでアイスクリーム
Ice cream on the beach on Marine Day

来年の「父の日」は、お父さんと一緒に食べよう
On next year’s Father’s Day, eat an ice cream with Dad

「母の日」のありがとう
Thank you on Mother’s Day

旅先に行く前に
Before the departure

(涼)
(cool)

CITIZEN’s 1st brand statement: Better Starts Now

シチズン時計株式会社が1930年の創業以来、初のブランドステートメント「BETTER STARTS NOW」を発表しました。
We are excited to announce that Citizen Watch Co., Ltd (hereafter, CITIZEN) introduces its first brand statement, BETTER STARTS NOW, since its foundation in 1930.


Wieden+Kennedy Tokyo & Amsterdamとの共同作業から創り出されたBETTER STARTS NOWは、「誰でも、何をしている人でも、未来をより良くすることは出来る」というシンプルな信念であり、「今」こそが、そのためのスタートの時であるということを表しています。
CITIZEN has never stopped moving forward, believing “no matter who you are and what you do, it is always possible to make something better”. BETTER STARTS NOW, created in collaboration with Wieden+Kennedy Tokyo and Amsterdam, represents that “now” is the time to start doing it.

また、この信念を表現するために、ブランドムービー、ブランドアイデンティティ、ブランドウエブサイトを作成しました。
To help communicate this belief, we have created a new brand movie, brand identity and website.

オランダ人映画監督のJohan Kramer (ヨハン・クレイマー) が手がけたブランドムービーでは、手巻き35mmカメラやVHSカメラを用い、各時代のシチズンの様子が生き生きと描かれています。
Dutch filmmaker Johan Kramer who shot the brand movie used cameras like a hand-cranked 35mm camera and VHS camera and vividly depicted each generation of CITIZEN.

CITIZEN Special Globalhttp://betterstartsnow.com/

Our condolences to Mr. ​Takashi Nakamura (Marubell-do)

先日マルベル堂のカメラマン、中村孝さんが他界されました。

W+K東京のHPに載っている社員のポートレイトは、彼に撮影してもらいました。
その撮影現場は、エネルギッシュな中村さんのかけ声や演出でとても楽しかったです。
中村さんが撮影してくれた社員のポートレイトは、会社の壁に飾ってあり、私たちの大事なアイデンティティーになっています。
今でも、新メンバーが入る度に、マルベル堂に行って撮影してもらうのが、弊社の入社儀式になっています。

中村さんの元気な仕事姿を見る事ができなくなるのはとても残念です。
すばらしい作品をありがとうございました。
ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。

Takashi Nakamura, photographer at Marubell-do, passed away.

It was Mr. Nakamura who shot all of our staff portraits that you can see on wktokyo.jp
His energetic voice and direction have made the shooting very enjoyable.
Every portrait he shot is hung on our office wall as a part of our precious identities. Today, every new W+K member goes to Marubell-do for his/her portrait, as our agency’s initiation.

We will miss him and his photography.
Thank you for your wonderful photographs.
We will recall his great achievements and express our sincere condolences.

Future at the moment

先月4日、W+K Tokyo主催のトークイベント”Future At the Moment”を開催しました。
お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。本日はイベントの様子を画像と合わせてご紹介します。
On June 4th W+K Tokyo hosted a talk event called “Future At the Moment”.
We’d like to thank the folks that took time to join us, and we’re posting some event images below.


Blake Harrop (Managing Director, W+K Tokyo)によるイントロダクション。
Introduction by Blake Harrop (Managing Director, W+K Tokyo)


W+K Tokyoのプロジェクトで来日した、レニー・グリーソン(W+K グローバル インタラクティブ・ストラテジー・ディレクター)は「テクノロジーとコミュニケーションの未来」についてプレゼンテーションを行いました。
Renny Gleeson (W+K Global Interactive Strategy Director), visiting from Portland, gave a presentation about “The Future of Technology & Communication.”

また、来日中にご取材頂いた「宣伝会議」8月号 が先日発売されました。データとコミュニケーションの関係についてW+Kの事例も交えてご紹介しています。
Renny’s interview is also featured in the August edition of the magazine “Senden-Kaigi” where he talks about about the relationship between data and communication. The magazine is currently on shelves around Tokyo.


暦本順一氏(東京大学教授)は「テクノロジーとスポーツの未来」についてお話して下さいました。
Dr. Junichi Rekimoto (University of Tokyo, Professor) talked about “The Future of Technology & Sport”.

「テクノロジーと文化の未来」についてプレゼンテーションをして下さった、ハネス・グレー氏 (スポティファイ日本 代表取締役)。
Mr. Hannes Graah (Director of Spotify Japan) presented “The Future of Technology & Culture”.


おつまみは駄菓子
A healthy supply of dagashi (traditional kid’s sweets) was on hand.

濃いトークの内容とは裏腹にカジュアルな会でした。
It was a deep, fun, casual event from the future and in the moment.

SHIRI100: NEW MOVIE

「知ったつもりにならないで、リアルに体験した方がいい日本の100 」、略して「知リ100 Supported by オロナインH軟膏」の最新動画が公開されました。
“The 100 things in Japan you should know by doing ” abbreviated to “SHIRI100 Supported by Oronine” launched its latest movie.

「火起こしとサーフィンと乗馬と」”Firelighting and surfing and horse-riding”

Official Site:http://shiri100.jp/
Official Facebook:https://www.facebook.com/shiri100