W+K Tokyo

NAKAMEGROTESQUE 3

It’s that time of year again, NAKAMEGROTESQUE 3.
From Nakameguro, Daikanyama to Ebisu, we had a Halloween parade and wrapped it up with a dance battle. Here are some of our favorite costumes from this year’s festivities. Check out #wkng3

今年もやってきました、NAKAMEGROTESQUE 3。
中目黒から代官山、恵比寿へとハロウィーンパレードをしながら、最後はダンスバトルで締めました。みんなのコスチュームを一部ご紹介します。#wkng3


Happy Halloween

Facebook: first campaign for the Japanese market

フェイスブック初 日本市場に向けたキャンペーンをローンチしました。
Excited to announce that we launched the Facebook’s first ever campaign for the Japanese market.

一番大切なのは友達でいること、というアイデアをベースに、テレビCM「あなたは誰かのともだち」、オンライン、屋外、交通広告、渋谷スクランブル交差点での世界初となる5つの屋外ビジョンを連携させた動画を展開いたします。また、フェイスブック上でもコンテンツを展開していきます。
Based on the idea that the most important thing you can be is a friend, the campaign unveiled yesterday the first part of a multi-media Facebook campaign with the film “You Are Someone’s Friend”. The campaign extends to online, out of home, train stations, and the worlds-first integrated 5-screen experience at Shibuya crossing, as well as of course content on Facebook.

本キャンペーンは日本に向けて、日本で制作を行い、日本のカルチャー、人々、そして友情に紐づいたインサイトを形にし、誰もが親しみを感じる近しい友人関係を描いています。
キャンペーンフィルム「あなたは誰かのともだち」は、第86回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたザッカリー・ハインザーリング監督が演出を手掛け、ナレーションは俳優の勝地涼さんが担当しています。
The campaign was created in Japan, for Japan, bringing to life insights about culture, people and friendships, all to create work that is both intimate and familiar.
The campaign film, “You’re someone’s friend,” was directed by Zachary Heinzerling, a 2014 Oscar nominated director for Best Documentary Feature, and the voiceover was performed by the actor Ryo Katsuji.

Hope you Like it.

TOTAL Lunar eclipse

Our designer Marek shot last night’s total lunar eclipse on the agency’s roof.

昨晩の皆既月食をデザイナーのMarekがエージェンシーの屋上より撮影しました。

Photo by Marek Okon (October 8, 2014)

CITIZEN: CHASING HORIZONS

シチズン時計株式会社初のグローバル・ブランドキャンペーン「CHASING HORIZONS」をローンチしました。
Hot on the heels of the Citizen global brand statement work, we are excited to announce our latest work in support of Citizen’s 2014 flagship watch.


地球上どのタイムゾーンでも最短3秒で宇宙からの時を受信する、2014年フラッグシップモデル「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」。この革新的機能を体現すべく、タイムゾーンを越えながら沈み行く夕日を追いかけ、同じ時に滞空するという試みに挑みました。
No matter where you are on earth, Citizen’s 2014 flagship model – the new Eco-Drive Satellite Wave F100 – adjusts to the current time zone in just three seconds. To demonstrate the watch’s unique ability, Citizen undertook this ambitious experiment to chase the horizon and endeavor to live in the same hour for as long as humanly possible.

ワイデン+ケネディーの東京とアムステルダムオフィスとの共同制作のもと、フォトグラファーのサイモン・ロバーツと元NATO パイロットのジョナサン・ニコルに、この挑戦をもちかけました。キャンペーンフィルムは、ドキュメンタリー監督として高い評価を受けるトリステン・パターソンが手がけ、今回の試みを描いています。
Created jointly by Wieden+Kennedy Tokyo and Amsterdam, Citizen’s first global campaign challenged photographer Simon Roberts and ex-NATO pilot Jonathan Nicol to chase the sunset across the Earth’s time zones. The short film by acclaimed documentary director, Tristan Patterson, portrays the story of the journey itself.

時間とのレース。時を惑わし、地球から一夜を盗んだ彼らの物語。
CHASING HORIZONSは、シチズンが1930年の創業以来、初めてグローバルで展開するキャンペーンです。
Race against time. A story about people fooling time and stealing one night from the planet. CHASING HORIZONS is the 84 year-old watchmaker’s first-ever global campaign.

NIKE Korea Just Do It, Fun Wins

NIKE Korea Just Do It. の新キャンペーン”FUN WINS”を韓国でローンチしました。
厳しい受験戦争が繰り広げられる韓国では、多くの若者がスポーツと縁遠い生活を送っています。体を動かすことを通して毎日を楽しんで欲しい。一日一日を自分のものとして感じて欲しい。彼らのプレイする気を起こさせたい、このキャンペーンにはそんな思いが込められています。

The NIKE Korea Just Do It new campaign launched with the film “FUN WINS”.
Korea is one of the most exam-intense countries in the world, and there are many barriers keeping Korean youth away from sports. We want them to enjoy their everyday through play. We want them to feel like they have control over their lives. This campaign aims to inspire Korean youth to go out and play.

自分たちの世界を、プレイで変える。この信念に基づいて、本キャンペーンではスポーツはイージーで直感的、そしてナチュラルなことだということを伝え、プレイに繋がるきっかけを作りました。そして、韓国の若者たちが持つモチベーションを信じることにしました。なぜなら、プレイしたとき、そこから生まれるのは楽しさだからです。”Fun Wins”は楽しさが持つ強さを表しています。楽しさが勝ったとき、そこに敗者はいません。

Grounded in the belief that Korean youth can change their world through play, the campaign reminds viewers that playing sports is the easiest, most intuitive, natural thing in the world, and puts the power to play sports back in the hands of the youth. Because when they play, fun wins.

When fun wins, you can’t lose.





Just Do It.