W+K Tokyo

Nike Women’s Re:Run

W+K Tokyoが企画、制作を手がけた、NIKEドキュメンタリーフィルムシリーズ「Re: RUN」 のファイナルフィルム「フィナーレの物語」がローンチしました。
We’re excited to share NIKE documentary film series “Re:RUN” final film “The Finish Line”, created by W+K Tokyo.

Every year on March 8th, about 18,000 runners finish the Nagoya Women’s Marathon. But every year, there are many women who don’t finish. NIKE reached out to thousands of Japanese women and selected 3 women, NAO, NATSUMI and KANA who once gave up but decided to stop giving up, to prove themselves, to put the past behind them and take on the challenges that lie ahead.

3 月8 日(日)、約18,000 人のランナーが走り抜いた今年の名古屋ウィメンズマラソン。しかし、毎年、数多くの女性ランナーが完走できずにいます。ナイキはインターネット上で数千人もの一般女性に再チャレンジを呼びかけ、NAO、NATSUMI、KANA が選ばれました。過去にマラソンに失敗したという彼女たちは、自信を取り戻すため、フルマラソンに再度チャレンジすることを決めました。

We followed each woman for over two months, documenting their lives and helping them with their training routines. On March 6, two days before the 2015 Nagoya Women’s Marathon, NIKE launched the campaign film along with short films telling each woman’s story.

ワイデン+ケネディ トウキョウは、それぞれのゴールに向けてトレーニングに励む彼女たち、家族、自宅での様子など、約2 ヶ月間追い続け、名古屋ウィメンズマラソン開催前の3 月6 日(金)、イントロフィルム「はじまりの物語」とそれぞれのストーリーを綴ったショートフィルム「Nao の物語」「Natsumi の物語」「Kana の物語」をローンチしました。

On the race day, we covered their runs live on NIKE’s social channels, documenting when they passed the point they had previously quit, and the moment they crossed the finish line.

名古屋ウィメンズマラソン当日は、彼女たちが過去にリタイアした地点、そしてゴールした瞬間を、ナイキのソーシャル·チャンネルより発信しました。

A marathon is more than just running 42.195 kilometers, at least for these 3 women. In the film“Re:RUN”, each woman tells us in her own words why this race is so important and what it would mean to finish. The films shine a light on how real women think of themselves through sport.

マラソンは単に42.195km を走るだけではない。少なくとも、彼女たち3 人のなかにはそれ以上の何かがあります。「Re:RUN」ファイナルフィルムでは、マラソンに再挑戦すること、そして今度こそ完走することへの想いがそれぞれの言葉で伝えられ、スポーツを通して自分と向き合う、等身大の3人の女性が描かれています。

The documentary film series“Re:RUN”celebrates the transformative journeys of 3 women who made it through the finish line to determine their own destinies.

ドキュメンタリーフィルムシリーズ「Re: RUN」は、約2ヶ月間にわたるトレーニングとフルマラソン完走という経験を通し、過去にリタイアした地点を乗り越え、理想のジブンに変化していく3人のストーリーを伝えます。

JUST DO IT

Prince William in TYPE Garamond

Prince William tried on TYPE’s Garamond glasses during the event “Innovation is GREAT” in Japan.
来日していたウィリアム王子、「Innovation is GREAT」のイベントで、TYPEのGaramondをかけている姿が紹介されました。


Image: telegraph.co.uk


Model: Garamond, Black, Light

type.gs

Feats of Blake

Last week, we had “Feats of Blake”, a farewell party for Blake who is leaving the Tokyo office and joining the Amsterdam office as the new managing director.
東京オフィスを去り、W+Kアムステルダムオフィスの新マネージング・ディレクターに就任することが決まったブレイク。先週、全社員挙げてのブレイクお別れパーティー “Feats Of Blake”がありました。

We invited Blake’s family to join the live music session and played the songs Blake composed with his son Beckett.
パーティーにはブレイクの家族も参加し、ブレイクが息子のベケットと作った曲を生演奏しました。

We made a custom Judo uniform for Blake, who first came to Japan to practice Judo from England. Ninja Tota vs. Blake
柔道留学で初めて日本に来たブレイクに、カスタム柔道着をプレゼント。忍者踏太と対戦。

Blake’s linguistic talent is amazing. After 4 shots, he still proved his fluent French, Korean, Japanese and American English with tongue twisters.
言語能力も半端ないブレイク。ショット4杯を飲み干した後も、流暢なフランス語、韓国語、日本語、アメリカ英語を早口言葉で披露してくれました。

At the end of the party, we presented a custom piste bike.
パーティーの最後には、カスタムで作ったピスト自転車をプレゼントしました。

It says,「出る杭は打てない」(The nail that sticks up won’t get hammered down.)

We danced a lot. 沢山踊って、

We ate a lot of Keema Curry. (Thanks to Red Book Curry)
沢山キーマカレーを食べました(Red Book Curryさん、ありがとうございました!)

Thank you Blake for all your supports you gave us past 4 years.
ブレイク、この4年間、本当にお世話になりました。ありがとう。

Good luck in Amsterdam!

W+K Tokyo welcomes John Rowe as new MD

​Today, we’re excited to announce that John Rowe will join Wieden+Kennedy Tokyo as Managing Director.
このたび、ワイデン+ケネディ トウキョウは、ジョン・ロウをマネージングディレクターに迎えることとなりました。

​John will join executive creative directors Tota Hasegawa and Mike Farr to complete the management team for W+K Tokyo, and replaces Blake Harrop who moved on to join W+K Amsterdam as the new managing director.
エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターの長谷川踏太、マイク・ファーにロウが加わり、マネージンメントチームは新体制となります。また、前任のブレイク・ハロップは、ワイデン+ケネディ アムステルダムのマネージングディレクターに着任することとなりました。

​John joined W+K Portland in 2005, serving in a lead account management role for some of the world’s most respected and innovative brands, including Starbucks, Heineken, Target, and most recently, Powerade (part of The Coca-Cola Company) and Facebook.
ロウは2005年に弊社ポートランド社に入社し、以来、アカウントチームの第一線でスターバックス、ハイネケン、ターゲット、パワーエイド(ザ コカ・コーラ カンパニー)やフェイスブックなど世界的なブランドを担当し、チーム全体を率いて参りました。

​He says,“W+K Tokyo has been on a roll. There are some really talented people in the office and I can’t wait to help Tota, Mike and the entire W+K family to continue the momentum. I had the pleasure of working with Blake and the rest of the team when we re-launched the Facebook brand in Japan last fall and was really impressed with the quality of thinking and creativity. And personally, as an adventurer, I’m beyond excited to move to Tokyo and immerse myself into the extraordinarily rich and unique Japanese culture.”
ジョンは、「東京オフィスはいま活気に溢れ、多くの優れた人々がいます。踏太とマイク、そしてチームみんなとその勢いを盛り上げて行くことが待ち遠しいです。昨秋、フェイスブックのキャンペーンをローンチした際、東京のチームと仕事をしましたが、彼らの思考力とクリエイティビティーにとても感心しました。個人的には、そして冒険家の私としては、東京という街に住み、その並外れて豊かでユニークな日本の文化に触れることが楽しみで仕方ありません。」

Tota Hasegawa joined W+K Tokyo as Executive Creative Director in 2011, after spending 10 years at the creative collective Tomato in London. Tota was on a jury at 2014 D&AD and TDC (Tokyo Designers Club). He also teaches at various creative workshops as a guest lecturer. Mike Farr joined W+K Amsterdam in 2004 as a copywriter. For the last decade his career path has found its home in
the Amsterdam and Tokyo offices, where he worked as a group creative director on Nike, EA, GE and ESPN. In 2013, Mike joined W+K Tokyo as Executive Creative Director.
長谷川踏太は、英国ロンドンに本拠を置くクリエイティブ集団tomatoに約10年間所属し、2011年春から拠点をロンドンから東京に移し、ワイデン+ケネディ トウキョウのエグゼクティブクリエイティブディレクターに就任。2014年度のD&AD、TDC (Tokyo Designers Club) で審査員を務める。また、ワークショップなど様々な場で講義やスピーチも行っています。マイク・ファーは2004年にコピーライターとしてアムステルダムオフィスに入社。ワイデン+ケネディのアムステルダムと東京オフィスに計10年間在籍し、Nike、EA、GE、ESPNなどのプロジェクトのクリエイティブディレクターとして活躍。2013年、トウキョウオフィスのエグゼクティブクリエイティブディレクターに就任しました。

John’s official start date at W+K Tokyo is Monday, April 20th.
ジョンは4月20日(月)付けで、ワイデン+ケネディ トウキョウのマネージングディレクターに就任致します。

W+K Tokyo

Nagoya Women’s Marathon

昨日3月8日(日)、「名古屋ウィメンズマラソン」が開催されました。
約18,000人のランナーが走り抜いたマラソンには、3人の女性ランナー NAO、NATSUMI、KANA も参加しました。W+K Tokyoは、過去にマラソンを完走できなかった彼女たちの再チャレンジを描いたドキュメンタリーフィルム Nike Presents「Re: RUN」を制作しました。

On Sunday March 8, Nagoya Women’s Marathon was held.
While the total of roughly 18,000 runners run, there were 3 runners, Nao, Natsumi and Kana who could not complete a marathon in past. W+K Tokyo followed their challenge to Nagoya and created the documentary films, Nike Presents “Re:RUN”.

20歳のNAOは、友達の中で自分だけが完走できなかったフルマラソンに再挑戦する。わたしにだってやり遂げられる。そのことを、家族に、大学の友達に、そして自分自身に証明するために。
20 year-old NAO could not finish a marathon in past while all her friends did. She decided to try again to prove that she can do it to her family, college friends and herself.

夢中になれることが見つからないまま生きてきたNATSUMIがようやく見つけた、ランニングという宝物。
NATSUMI who could not feel passionate about anything, but she finally found her treasure, running.

ハーフマラソン等でたくさんのメダルや賞品をとってきたKANAは、フルマラソンに失敗したとき、そのすべてを捨てた。名古屋ウィメンズマラソンで、捨てた自信を取り戻すことはできるだろうか。
KANA has won many medals and prizes at half-marathons and other running events. When she could not finish a full-marathon, all that for nothing. She runs at Nagoya Women’s Marathon to get back the confidence she gave up.

そして、W+K Tokyo Girlsも参加しました!全員完走!
Also, our W+K Tokyo Girls run, too! All finished beautifully!

BIG OTSUKARESAMA!