W+K Tokyo

NIKE Korea Just Do It, Fun Wins

NIKE Korea Just Do It. の新キャンペーン”FUN WINS”を韓国でローンチしました。
厳しい受験戦争が繰り広げられる韓国では、多くの若者がスポーツと縁遠い生活を送っています。体を動かすことを通して毎日を楽しんで欲しい。一日一日を自分のものとして感じて欲しい。彼らのプレイする気を起こさせたい、このキャンペーンにはそんな思いが込められています。

The NIKE Korea Just Do It new campaign launched with the film “FUN WINS”.
Korea is one of the most exam-intense countries in the world, and there are many barriers keeping Korean youth away from sports. We want them to enjoy their everyday through play. We want them to feel like they have control over their lives. This campaign aims to inspire Korean youth to go out and play.

自分たちの世界を、プレイで変える。この信念に基づいて、本キャンペーンではスポーツはイージーで直感的、そしてナチュラルなことだということを伝え、プレイに繋がるきっかけを作りました。そして、韓国の若者たちが持つモチベーションを信じることにしました。なぜなら、プレイしたとき、そこから生まれるのは楽しさだからです。”Fun Wins”は楽しさが持つ強さを表しています。楽しさが勝ったとき、そこに敗者はいません。

Grounded in the belief that Korean youth can change their world through play, the campaign reminds viewers that playing sports is the easiest, most intuitive, natural thing in the world, and puts the power to play sports back in the hands of the youth. Because when they play, fun wins.

When fun wins, you can’t lose.





Just Do It.

NIKE Just Do It. 2014 – Your step

スポーツを通して新たなチャレンジを応援する、Just Do It. 2014年キャンペーン。
Support your new challenge in sports – 2014 Just Do It. campaign.

8月1日から始まったチャレンジ画像・動画の投稿キャンペーン、沢山の投稿ありがとうございました!「スポーツで新しい挑戦をしよう」という呼びかけに応えた投稿映像「Your Step」が9月4日に公開されました。NIKE では引き続き「キミの一歩」を募集しています。キミの新しいチャレンジムービーや写真に#JUSTDOITをつけて投稿しよう!

Thank you for your challenge pictures and images, submitted to the campaign from August 1st! The new film “Your Step” launched on September 4th is a response to the campaign call “Let’s try something new in sports”. NIKE is still accepting your “First Step”. Post your new challenge in a movie and/or picture with #JUSTDOIT

We Applaud – Thank you!

今年の5月までお台場の日本科学未来館で開催されていた「THE世界一展」。
伊勢神宮の式年遷宮の伝統技術から、最先端の宇宙開発技術まで日本が誇る世界一の技術・製品を集めた展覧会です。ここで、W+K Tokyoはユーザー参加型のインタラクティブインスタレーション“世界一のフィナーレ” (We Applaud)の企画、制作を行いました。

Earlier this year an exhibition called “THE SEKAI-ICHI” was held at the National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan) in Tokyo, with exhibits that represent the world greatest Japanese craftsmanship & technology ranging from the traditional carpentry used in the construction of the Ise Shrine, to cutting-edge space exploration technology. W+K Tokyo was invited to create something for the exhibition, and we ended up building an installation called “We Applaud”.

インスタレーションは展覧会の最終地点に設置され、来場者が展覧会で見た世界一の技術・製品を称えて拍手を送ると、目の前のスクリーンにその姿が残ります。壁面の大きな赤いボタンを押すと、設置したカメラと指向性マイクが拍手している姿を録画し、画像処理で背景を切り抜いた動画がその場で集積されていきます。

The installation was displayed at the exhibition’s exit area. When people applauded the exhibits they saw at the exhibition, their images were saved on a large screen in front of them. After activating the installation, the camera and directional-mic recorded people and the images were processed and backgrounds removed. The moving images were then aggregated on-site.

参加者の数が増えれば増える程、拍手を送る人の姿で埋め尽くされるスクリーン、面白かったのは、拍手の仕方。多くの方が、スクリーンに映る拍手と違う拍手をしようと、いろいろと試行錯誤をしてくださいました。

As more people participated, the screen filled up with people applauding.
Interestingly people found many ways to applaud. Over time, as people saw the preceding participants they found new ways to express their creativity through applause.

このインスタレーションに参加してくれた6万人の中には、会場となったグランフロント大阪と科学未来館を訪れた著名人も多く含まれています。アーティストのDamon AlbarnもPV撮影のために東京に訪れた際に参加してくれたようです。

A total of 60,000 people participated in the installation which also traveled to the Grand Front building in Osaka. And we learned that even some celebrities took part, including Damon Albarn who included a scene in his music video shot at the installation.

拍手は国や言葉に越えたジェスチャーの一つです。このインスタレーションが世界各国のエキシビションをまわって、世界中のクリエイティビティーを称える拍手(applaud)をコレクションしていけたらと思います。

Applause is one of the gestures that transcend borders and languages. We hope to collect many applause for the world’s creativity at exhibitions around the world.

 

W+K Tokyo Natsumatsuri

8月22日 – 毎年恒例行事となった夏祭り。今年は屋上から1階まで続く巨大流し素麺を作りました。
August 22 – our summer tradition, Natsumatsuri (Japanese style summer festival). This year we built a giant noodle luge (aka Nagashi-Somen).

NEW FACES

Introducing new faces landed at W+K Tokyo over the past several months.
この数ヶ月にW+K Tokyoに参加した新メンバーをご紹介します。


Ryo Yasuho/安保陵, Finance Director/ファイナンス・ディレクター

​横浜育ち。格闘技歴22年。国籍不明とよく言われ、現在通っているムエタイのジムでは生徒にタイ人の先生とよく間違えられ、スキューバーダイビングをしに行ったフィリピンでは、フィリピン人と間違えら、最近始めたホットヨガではインド人と間違えられるそう。スキューバーダイビングはこれまで世界で約200本潜り、レスキューコースの資格も持っている。また、料理学校のル・コルドン・ブルーでパティシエ中級コースも終了しており、甘いお菓子でみんなを笑顔にしたいとのこと。

Raised in Yokohama. Practicing martial arts for 22 years. He is often told that his nationality is unidentifiable – at a Muay Thai gym that he goes to, the students think he is an instructor from Thailand; in the Philippines where he goes to scuba dive, people think he is Filipino; at a Hot Yoga studio he recently started going, people thought he was Indian. So far, he has scuba dived at more than 200 spots around the world and is also a qualified rescuer. He even finished the Intermediate Pâtisserie course at Le Cordon Bleu. Now, he wants to make us smile with sweet pastries.


Greg White/グレッグ・ホワイト, Senior Digital Strategist/シニア・デジタル・ストラテジスト

初めて飛行機に乗ったのは17歳というグレッグ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学ぶためにフィラデルフィアを飛び立って以来、ジェット・セッターに転身。ヨーロッパ、アフリカ、中近東など様々な地を訪れるうちに、アーセナルファンとなった。食べ物は珍味が好きで、上手ではないけれどスポーツではサーフィンが好きとのこと。Wieden+Kennedy PortlandからTokyoチームに参加。ポートランドでは、 インタラクティブ・ストラテジストとしてNike World Cup キャンペーンに携わる。テクノロジーはもちろん、人間も大好き。

​ Greg didn’t set foot on an airplane until he was 17. Since then, he’s made up for lost time, leaving the Philadelphia area to attend the London School of Economics, explore Europe, Africa, and the Middle East, and develop a love of Arsenal, bizarre foods, and surfing, which he is admittedly bad at. He joins Wieden+Kennedy Tokyo from W+K’s Portland office, where he was the interactive strategist on the Nike World Cup campaign. He loves technology, but is also fond of humans.


Price Manford/プライス・マンフォード, Account Supervisor/アカウント・スーパーバイザー

テキサス育ち。典型的なテキサス人のイメージは実際に健在しているとのこと。過去7年間はニューヨークで過ごし、2013年にWieden+Kennedy New Yorkに参加。以来、ジョーダン・ブランドを担当している。東京をこよなく愛する。特に電車が一番好きとのこと。理由はニューヨークの地下鉄よりずっと清潔だから。

Price grew up in Texas, where every stereotype you’ve heard about us Texans is alive and well. I’ve spent the past seven years in New York, joining the W+K NY office in 2013 working on the Jordan Brand. I love Tokyo, but I think my favorite part might be the trains, if only because they are so much cleaner than New York subways.


Hiroki Ishiyama/石山寛樹, Copywriter/コピーライター

神戸生まれ。大学ではアルバイトばかり。前の職場では、スバル「ぶつからない!?ミニカー」Webムービーシリーズや、ポスト・イット®「1人全役ドラマ」Webドラマキャンペーンなどを担当する。スキューバダイビングが好きで、フジロックも好き。常に面白い漫画を探し求めています。 提案もお待ちしているとのこと。

Born in Kobe in Hyogo. He filled his college days with various part-time jobs. His work before Wieden+Kennedy Tokyo includes Subaru Mini Car Web movie series and Post-it® “Hitori zenyaku drama” web drama campaign. He likes scuba diving and going to Fuji Rock. He is constantly searching for good manga. All manga suggestions are highly appreciated.


Sozo Ehara/​江原創造, Intern/インターン

佐賀県出身。多摩美術大学在学、現在4年生、W+K Tokyoにてインターン中。アートディレクションの道を志す。

Born in Saga. He is a senior at Tama Art University, joining us as an intern. Sozo aspires to be an art director.