W+K Tokyo

Our condolences to Mr. ​Takashi Nakamura (Marubell-do)

先日マルベル堂のカメラマン、中村孝さんが他界されました。

W+K東京のHPに載っている社員のポートレイトは、彼に撮影してもらいました。
その撮影現場は、エネルギッシュな中村さんのかけ声や演出でとても楽しかったです。
中村さんが撮影してくれた社員のポートレイトは、会社の壁に飾ってあり、私たちの大事なアイデンティティーになっています。
今でも、新メンバーが入る度に、マルベル堂に行って撮影してもらうのが、弊社の入社儀式になっています。

中村さんの元気な仕事姿を見る事ができなくなるのはとても残念です。
すばらしい作品をありがとうございました。
ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。

Takashi Nakamura, photographer at Marubell-do, passed away.

It was Mr. Nakamura who shot all of our staff portraits that you can see on wktokyo.jp
His energetic voice and direction have made the shooting very enjoyable.
Every portrait he shot is hung on our office wall as a part of our precious identities. Today, every new W+K member goes to Marubell-do for his/her portrait, as our agency’s initiation.

We will miss him and his photography.
Thank you for your wonderful photographs.
We will recall his great achievements and express our sincere condolences.

Future at the moment

先月4日、W+K Tokyo主催のトークイベント”Future At the Moment”を開催しました。
お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。本日はイベントの様子を画像と合わせてご紹介します。
On June 4th W+K Tokyo hosted a talk event called “Future At the Moment”.
We’d like to thank the folks that took time to join us, and we’re posting some event images below.


Blake Harrop (Managing Director, W+K Tokyo)によるイントロダクション。
Introduction by Blake Harrop (Managing Director, W+K Tokyo)


W+K Tokyoのプロジェクトで来日した、レニー・グリーソン(W+K グローバル インタラクティブ・ストラテジー・ディレクター)は「テクノロジーとコミュニケーションの未来」についてプレゼンテーションを行いました。
Renny Gleeson (W+K Global Interactive Strategy Director), visiting from Portland, gave a presentation about “The Future of Technology & Communication.”

また、来日中にご取材頂いた「宣伝会議」8月号 が先日発売されました。データとコミュニケーションの関係についてW+Kの事例も交えてご紹介しています。
Renny’s interview is also featured in the August edition of the magazine “Senden-Kaigi” where he talks about about the relationship between data and communication. The magazine is currently on shelves around Tokyo.


暦本順一氏(東京大学教授)は「テクノロジーとスポーツの未来」についてお話して下さいました。
Dr. Junichi Rekimoto (University of Tokyo, Professor) talked about “The Future of Technology & Sport”.

「テクノロジーと文化の未来」についてプレゼンテーションをして下さった、ハネス・グレー氏 (スポティファイ日本 代表取締役)。
Mr. Hannes Graah (Director of Spotify Japan) presented “The Future of Technology & Culture”.


おつまみは駄菓子
A healthy supply of dagashi (traditional kid’s sweets) was on hand.

濃いトークの内容とは裏腹にカジュアルな会でした。
It was a deep, fun, casual event from the future and in the moment.

SHIRI100: NEW MOVIE

「知ったつもりにならないで、リアルに体験した方がいい日本の100 」、略して「知リ100 Supported by オロナインH軟膏」の最新動画が公開されました。
“The 100 things in Japan you should know by doing ” abbreviated to “SHIRI100 Supported by Oronine” launched its latest movie.

「火起こしとサーフィンと乗馬と」”Firelighting and surfing and horse-riding”

Official Site:http://shiri100.jp/
Official Facebook:https://www.facebook.com/shiri100

TYPE POP-UP SHOP @ Daikanyama TSUTAYA

眼鏡ブランド「TYPE」のPOP-UP SHOPを代官山 蔦屋書店にて7/3 (木) – 7/31 (木) まで開催いたします。
Eyewear brand TYPE will open its popup-shop from 7/3 (THU) to 7/31 (THU) at Daikanayama TSUTAYA.

今回のPOP-UP SHOP に合わせ、Bird Design Letterpress(バードデザインレタープレス)による活版印刷体験のワークショップをいたします。「T」「Y」 「P」「E」の 4 文字を色々な書体の中から組み合わせて頂き、ご用意する活版印刷のマシーンで、オリジナルのしおりをお客様自身の手で作って頂けます。厚手のしっかりとした紙に、軽くへこんだ文字の陰影が美しい活版印刷の魅力をお楽しみください。
During the pop-up shop period, there will be a letterpress printing workshop by Bird Design Letterpress. You can design your own bookmark with 4 letters “T” “Y” “P” “E”, each in various typefaces, then print it with a letterpress printing machine at the pop-up shop. We hope you enjoy the beautiful texture of the prints on a carefully selected soft paper.

Oh My Glassesのオンライン・ストアでしか手に入らないTYPEのアイテムを、期間中は実際にその場で手に取っていただきご購入いただけます。是非この機会にお立寄りください。
You can try on TYPE glasses, which are normally only available at Oh My Glasses online shop. Please come visit us.

TYPE POP-UP SHOP @ Daikanyama TSUTAYA

DATE:2014/7/3(THU)~7/31(THU), 7:00~26:00
WORKSHOP:2014/7/5(SAT), 11:00~17:00 *
PLACE:Daikanyama TSUTAYA, Gallery Space
(1F 17-5 Sarugakucho Shibuyaku Tokyo)
*Please note that the number of bookmark is limited.

WEBSITEhttp://type.gs/
Hashtag:#TYPE1LDK

NIKE Football presents:

サッカーワールドカップが始まり、Nike Footballのグローバルブランドメッセージである「RISK EVERYTHING」のもと、日本では Nagatomo Approves というソーシャルキャンペーンをスタートしました。

Soccer World Cup has started. Under the global brand message of Nike Football “RISK EVERYTHING”, the social campaign Nagatomo Approves launched in Japan.

Nike Football JPのtwitterアカウント(@NikeFootball_JP)に投稿されたプレーから、長友選手がリスクを恐れぬ勇敢なプレーに、「合格」をだして認定するというもの。キックオフムービーとなる、Zlatan Approves of Nagatomo Approves では、その概要をズラタン・イブラヒモビッチ選手のパペットが「長友合格」を説明しています。

In this campaign, Nagatomo approves a fearless and risk-taking play, which was submitted to Nike Football JP twitter account (@NikeFootball_JP). In the kick-off movie “Zlatan Approves of Nagatomo Approves”, the puppet Zlatan Ibrahimović explains how Nagatomo Approves works.


@NikeFootball_JP
https://twitter.com/NikeFootball_JP

先日公開された「The Last Game」も引き続きお楽しみください。
We hope you’ll also enjoy “The Last Game” launched in the beginning of this month.