W+K Tokyo

自分の本当の声に耳をかたむけて、 うごきだす、それだけ。

A very new “JUST DO IT.” campaign in Japan, that elevates the forward-facing attitude of all women, was launched for the first time in three years.
The campaign ambassadors are female athletes that love sport and embody a toshindai attitude.

Together with both world class athletes such as tennis star Naomi Osaka, dancer/choreographer Koharu Sugawara, champion skateboarder Aori Nishimura and Sky Brown, basketball player Evelyn Mawuli, and everyday female athletes, a wide range of women help depict the new brand message: “listen to your real voice and just start moving.”

2019年4月、約3年ぶりとなる日本国内のJUST DO IT.キャンペーンが公開されました。
全ての女性の前向きな姿勢を讃える今回のキャンペーンでは、アンバサダーに等身大でスポーツを楽しむ女性アスリートを起用。プロテニスプレイヤーの大坂なおみを筆頭に、ダンサー/振付師の菅原小春、プロスケートボーダーの西村碧莉、 プロスケートボーダー及びプロサーファーであるスカイ・ブラウン、 義足の陸上競技選手、中西麻耶、バスケットボール選手の馬瓜エブリンなどが出演しました。世界チャンピオンやプロアスリートだけでなく、アマチュアのアスリートら、幅広く活躍する女性アスリートを通じ、新しいキャンペーンメッセージ「自分の本当の声に耳をかたむけて、うごきだす、それだけ」を描写しています。


Tennis Star Naomi Osaka
プロテニスプレイヤー 大坂なおみ
“Change everything but yourself.”
「世界を変える、自分を変えずに。」

Dancer/Choreographer Koharu Sugawara
ダンサー/振付師 菅原小春

”Dance like nobody’s watching until everybody is”
「世界中の視線が注がれていても。誰にも見られていなくても。」

Paralympian Sae Shigemoto
陸上競技選手 重本沙絵

 “Be the greatest athlete. Period.”
「まだ誰もなったことのないアスリートになる。」

Ski Jumper Sara Takanashi
スキー選手 高梨沙羅

“Fly over your own records.”
「前人未踏の世界記録をつくり、そして、飛びこえる。」

Champion Skateboarder Sky Brown
プロスケートボーダー/サーファー スカイ・ブラウン


 ”Don’t just do it for victory, do it for fun.”
「やるからには世界一。世界一、たのしむ。」

Starting early April 2019 the campaign has launched with OOH around Shibuya station, Dogenzaka and Center-gai Shopping Street, as well as web and SNS ads online.
キービジュアルは2019年4月上旬から渋谷駅および道玄坂・センター街エリアのOOHに掲出されているほか、Instagram Storyなどのプラットフォームを活用したWeb広告、SNSなどでキャンペーンを展開しています。

The campaign anthem “Nike presents: JUST DO IT. うごきだす、それだけ (JUST MOVE)” goes live starting April 19th, capturing female athletes ignoring the noise and embracing their urge. It launches on Instagram, YouTube, Twitter and other digital platforms. Please don’t miss out!

周りの雑音に省みず、活躍する女性アスリート達の衝動を描いた、キャンペーンアンセムムービー『Nike presents: JUST DO IT. うごきだす、それだけ』は4月19日よりInstagram, Youtube, Twitterなどをはじめとしたデジタルプラットフォームで展開しています。ぜひチェックしてみてください!

New Face | Kuyan+Azsa+Jess+Kana+Mattijs

Introducing new faces landed at W+K Tokyo over the past several months.
この数ヶ月にW+K Tokyoに参加した新メンバーをご紹介します。

W+K_Kuyama Hiroshi
HIROSHI KUYAMA 久山弘史| Creative Director

Hiroshi Kuyama used to work at Wieden+Kennedy Tokyo until 2012, then worked freelance. In 2013, he marked 3 hours 11 minutes at Toyama Marathon. In 2014, after recovering from a meniscus injury, he made a comeback with half-marathon. From 2016, he is a creative director at Wieden+Kennedy Tokyo.

2012年までW+K TOKYOに所属後、フリーランスとして活動。2013年富山マラソンにて3時間11分を記録。2014年に左膝の半月板損傷後、リハビリ期間を経てハーフマラソンに復帰。2016年からW+K TOKYOに復帰。

W+K_Azsa West
AZSA WEST エイジア・ウエスト | Creative Director

Azsa West comes from a haunted little surfer town in Southern California. She was raised by dolphins, skaters, aliens and a new age graphic designer. Azsa is a multidisciplinary creative with a background in art direction, writing, illustration, and film. She studied photography and illustration at The California College of Arts in San Francisco and graduated from W+K 12 with an emphasis on art direction and writing. She has exhibited works in Los Angeles, Portland, New York, Brazil, Sydney and Paris. A book of her drawings “Nature Study on Lonesome Island” was published in 2011. Azsa’s work has been featured in publications such as New York Times, Ad Busters, Huffington Post, Creativity, Girls Like Us, Put A Egg On It, CMYK, Fader, Good Magazine, and Fast Company. She currently works at W+K in Tokyo as a Creative Director.

エイジア・ウエストは、南カリフォルニアの小さなサーファータウンの出身。イルカと、スケーターと、宇宙人と、ニュー・エイジ・グラフィックデザイナーの元で育つ。カリフォルニア美術大学で写真とイラストを専攻した後、W+K12でアートディレクションとライティングを重点的に学ぶ。アートディレクション、ライティング、イラストレーション、そして映像制作まで幅広い経験を持つ。また、彼女のアート作品は、ロサンゼルス、ポートランド、ニューヨーク、ブラジル、シドニー、パリなど各地で展示されている。 2011年にはアートブック「Nature Study on Lonesome Island」が出版され、これまでNew York Times、Ad Busters、Huffington Post、Creativity、Girls Like Us、Put A Egg On It、CMYK、Fader、Good Magazine、Fast Companyなどの出版物で自身の作品が取り上げられている。7月よりW+K東京のクリエイティブディレクターとして東京で暮らす。

W+K_Jess
JESS ジェス | Studio Assistant

Jess was born in Brazil and raised in Shizuoka.
Before joining W+K Tokyo, Jess worked for the post production house Cutters Tokyo as Client Service Manager. She loves to draw/paint, to cook, and high places. She’s always down to walk around, explore the city and meet new people.

ジェスはブラジル生まれの静岡育ち。W+K Tokyo入社する前は、ポスプロハウスCutters Tokyoでクライアント・サービス・マネージャーをやってました。ジェスは絵を描くのと、料理と高い所が大すき。いつでも新しい人にあったり、のんびりして街に歩くのが好きな子。

W+K_Kana Ikushima
KANA IKUSHIMA 生島佳奈 | Account Supervisor

Born in Osaka. Kana studied abroad in Portland in the U.S. during her college days. After she graduated the college in Japan, she worked at a brand side, but then decided to join the agency side. She loves running, and has completed a full marathon for 8 times. She also loves to eat and cannot get enough of ramen and junk food. Kana’s dream is to complete the World Marathon Majors.

大阪府出身。大学時代にポートランドに留学。卒業後、日本でメーカーに勤めるが、一念発起し広告業界にチャレンジすることを決めた。ランニングが趣味でこれまでに8回ほどマラソン大会に出場。美味しいものを食べるのが好きで、ラーメンとジャンクフードには目がない。夢は世界6大マラソンを全て制覇すること。

W+K_MattijsDevroedt
MATTIJS DEVROEDT マテス・デヴロッド | Senior Strategic Planner

Mattijs is Belgian and started his advertising life as a strategic planner at the Belgian creative agency Duval Guillaume. He then crossed the Channel to work at Ogilvy London and adam&eveDDB London. Today, five years after first leaving his home country, Mattijs is moving to Tokyo to join Wieden+Kennedy Tokyo as a senior strategic planner. Outside of work, Mattijs spends his time traveling, painting and eating.

ベルギー出身。ベルギーのクリエイティブ・エージェンシー Duval Guillaumeでストラテジッツク・プランナーとして広告業界でのキャリアをスタートする。その後、海を渡りロンドンに。Ogilvy Londonとadam&eveDDB London で経験を積む。故郷を離れて約5年、シニア・ストラテジック・プランナーとしてW+K東京に参加するため東京に引っ越してきてマテス。趣味は旅行、絵を描くこと、そして食べること。

W+K Tokyo

W+K TOKYO NATSUMATSURI 2016

今年もやりました、W+K夏祭り。
たこ焼きにかき氷、最後はW+K音頭で〆くくり。

Our biggest summer tradition, W+K Natsumatsuri (Japanese style summer festival) – we had lots of Takoyaki (octopus dumpling) and shaved ice, then wrapped up with the W+K Dance.

Thank you guys for continuously making Takoyaki!
1_MG_6375

2_MG_6344

Ladies
3_MG_6371

4_MG_6382

5_MG_6544

We sent off Choco, our account person, who is taking a maternity leave. See you again next year! So, excited that you will be a mom!
6_MG_6416

We also said Good luck to Lizzie, our Studio Manager, who is going to W+K Amsterdam office.
7_MG_6439

A really nice W+K Song&Dance created by the Committee.
8_MG_6526

9_MG_6527

Check our our Instagram for the video 🙂
10_MG_6506

Lastly, W+K Family Photo 2016.
11_MG_6539

W+K Tokyo

New Face | Mako+Taku+Joaquin

Introducing several new W+Kers who joined the agency past a few months.
ここ数ヶ月にエージェンシーに参加した、新しいメンバーをご紹介します。

Mako Tomita
MAKO TOMITA 富田まこ | Cultural Adaptation Manager

Born in Tokyo. Left Japan for boarding school, and lived in England and California for 15 years. Joined W+K Tokyo in 2002 as an agency interpreter. Became full-time mom to raise two awesome kids, and now after 8 years, she’s happily back at W+K. When not interpreting, Mako is a cook/baker, skier and a hardcore hockey mom.

東京生まれ。14歳の時に単身留学で日本を離れ、約15年間イギリスやアメリカで生活。帰国後、社内通訳としてW+K東京に入社。二人目の出産を機にフルタイムママに。今年2月、8年ぶりにW+Kに復職。家ではアイスホッケーをする息子と娘を応援する熱狂的なホッケーママ。趣味はお菓子づくりとスキー。

Takuro Kobayashi
TAKURO KOBAYASHI 小林拓郎 | Cultural Adaptation / Interpreter

Originally from Yokohama, Taku spent his adolescence in the United States. He majored in sociology in college, and after graduation, he worked with a global apparel brand for its launch in Japan. He has also spent a year of study-abroad in France. After returning to Japan, he worked in the field of foreign language education, eventually pursuing his career as a freelance interpreter/translator before joining W+K. His hobbies include wandering around in a local supermarket whenever abroad.

神奈川県横浜市出身、10代前半を米国で過ごす。大学では社会学を専攻。卒業後、黒船到来と話題になった某外資系アパレル企業の日本市場参入に携わる。「自分探しの旅」と称して1年間のフランス留学も経験。帰国後は、語学教育の分野に携わった後、フリーランス通訳者を経てW+Kに参加。趣味は海外で現地のスーパーを徘徊すること。

Joaquin Zuluaga
JOAQUIN ZULUAGA ホアキン・ズルアガ | Digital Production Assistant

Born in Los Angeles, California, Joaquin first came to Japan in 2008 on an exchange program where he attended Osaka University. There he studied classical Japanese. He has read many of Edo period’s Saikaku or The Tale Of Heike. Prior to W+K Joaquin for an ad network helping connect global brands with Japan. Joaquin is a self-described computer geek.

米国ロサンゼルス出身。2008年に日本への留学プログラムに参加し初来日。その際は、大阪大学で古典文学を勉強し、江戸時代の西鶴や平家物語を読んだりしたとのこと。その後、日本にあるネット広告系会社で働き、この春W+K東京に参加す​る​。ホアキンは自称パソコンオタクです。

W+K Tokyo

Laforet HARAJUKU 2016 Grand Bazar

本日スタートのラフォーレ原宿16年夏のセール「グランバザール」。
今年のキャンペーンビジュアルはW+K東京が手がけました。
ラフォレー原宿の外も中も、HOBO SIGNで埋め尽くされています。
来週25日(月)まで!原宿に行った際は見てね。

Laforet HARAJUKU’s summer sale Grand Bazar started today.
This year, W+K Tokyo created the campaign visuals.
The sale ends next Monday 25th.
If you happen to visit Harajuku, check out the hobo signs
inside and outside the building!

LaforeHarajuku_Facade_01

LaforeHarajuku_Facade_02

LaforeHarajuku_Inside