W+K Tokyo

Visitors from Virginia

Some very nice, smart students from the University of Virginia came in to visit us this week as part of their Asia discovery trip. Lovely folks.

New Tokyo Ondo

Yesterday we were visited by the talented artist Nukyu, who won Japan’s Campus Genius Award in 2012. Nukyu’s animation “New Tokyo Ondo” was her first ever piece of animation work and ended up winning Gold.

若さと才能に溢れるアーティスト ぬQ さんがW+K Tokyoへ遊びにきてくれました。

彼女の最初のアニメーション作品 “ニュ〜東京音頭” は、2012年学生CGコンテストで金賞に輝きました。

The inspiration behind this animation comes from when a building in front of Nukyu’s house was demolished, allowing her to see the bright lights and skyscrapers of Shinjuku from her window, which she imagined as a distant island city. Accessible only by a long train journey, Nyuku began to imagine how much easier it would be to reach the island if only her arms were to grow longer.

この作品を作ったきっかけは、彼女の家の前に建っていた高いビルが壊された後、家からの景色が代わり、新宿の明るいライトそして高層ビルはまるで都会の島に見えたそうです。

しかしながら、その輝く都会の島に彼女の家から向かうには電車で乗り換えが必要なため時間がかかり面倒くさい。ふともし手がのびるなら簡単にあの島へ行けるのにと考えたのが物語の始まりだったそうです。

Take a look at Nukyu’s wonderful world from this fantastic short animation

彼女のなんとも不思議で素敵なショートアニメーションフィルムをお楽しみください。

Thank you Nukyu.

We presented her with a W+K Tokyo “Good Shit” T-shirt to say thanks.

W+K Tokyo特製”Good Shit”Tシャツをプレゼントいたしました!とってもお似合い☆

Please take a look her other great creative pieces here↓

彼女の素晴らしい作品は以下のサイトでご覧ください↓

http://homepage3.nifty.com/nuQ/

DJ Puripuri and Paul Nonaka

This is the image of Kintaro, a famous super hero from a traditional Japanese folklore.

上の画像は、みなさんご存知の昔々あるところに…の「金太郎」です。

And this is DJ Puripuri on the cover of the latest mauleaf, a quarterly published by Musashino Art University. The issue is entirely dedicated to this 27-year-old “mysterious creature” and his various unique projects. You might spot him in the crowded art gallery events, late night in club ageHa, or even at the mathematic tutoring school in Asakusa-bashi, looking just like Kintaro.

そして上が武蔵野美術大学の広報誌 mauleaf最新号の表紙に写るDJぷりぷり。彼を「UMA」と記し、DJ ぷりぷりとその活動を特集している。この写真そのままの衝撃的な姿の彼を、様々なアートイベントやメディアアートの展示会、またはageHaや、浅草橋天才算数塾など、東京中のランダムな場所で目撃する人も少なくないでしょう。

Even if you read the entire magazine and try to google his name for hours, you still don’t understand what he does or what he is. So we decided to invite DJ Puripuri and his partner, Pauro Nonaka to our office to get to know them.

この一冊を丸ごと読んでみても、何時間もググってみても、彼が何やって生きてるのか、何者なのかすらも理解できなかった。だから、DJぷりぷり氏とパートナーのパウロ野中氏をオフィスにご招待して、仲良くなれるか試みてみた。

After 45min, we were still not sure how they live off of what they do, such as operating their event space/bar/math tutoring school/music label/fortune telling service. But they seem to connect with the interesting people to get involved in various events and projects. “No concept,” they said, but they organically transform themselves and maneuver around the wide range of Tokyo culture. Their way of living sound very futuristic to us.

そして45分後、やっぱり彼らのことは完全に理解できなかった。浅草橋のイベントスペース兼バーであり、音楽レーベルであり、天才算数塾であると同時にタロット占いまで行う「店」で一体どうやって生計を立てているんでしょうか。ただ確かなのは、彼らは面白い人々と繋がることで、たくさんのクリエイティブなイベントやプロジェクトに関わり、またリードしているということ。「ノーコンセプト」と言っていたけど、いろいろな環境に合わせてあくまでも自然に変身しながら、東京の様々なカルチャーの枠を越えて動き回っている。なんだか、とっても魅力的で未来的な生き方のように思えました。

“>柴田聡子/芝の青さPV

And the 1st album that’s recently released from their label is unexpectedly good.  No concept is the new freedom, may be?

そして、彼らの浅草橋天才塾のレーベルとして初のアルバムがリリースされたばかりとのことですが、これが予想外に良かった。ノーコンセプトこそが、新たな時代の自由。なのかも。

Thank you for visiting us!

 

Lunch with…Misha Janette

Tokyo’s inspiring stylist/style icon/fashion editor/blogger, Misha Janette somehow managed her schedule to visit our office.

スタイリストでスタイルアイコンでファッション編集者で世界的ブロガーのミーシャ・ジャネットが、多忙のスケジュールの中、奇跡的にW+K Tokyoのオフィスに登場しました。

Isn’t it so refreshing to have someone like her to brighten up your lunch hour? She tells us she wears pieces designed and created by local designers. Her outfit is a curation of all of aspiring Tokyo designers.

こんなにビビッドでカラフルでインスピレーションに溢れるコーディネートの人がランチ時間に登場したら、間違いなく目が覚める!彼女は、日本のデザイナーの服やアクセサリーを身につけているって説明してくれました。若いデザイナー達の作品を体全体でキュレーションしている「歩くギャラリー」みたい。

Her shoes are designed by Anrealage, a Japanese label who created a whole collection inspired by low-res or pixilated image. Find out more about this brand and the collection on her blog post here.

例えば、ミーシャのこのパンプスはAnrealageという日本のレーベルの発表したコレクションのもの。低解像度の写真や8-bitなイメージをそのまま服やアクセサリーに反映してるそう。詳しくは彼女のブログポストを見てみると面白いかも。

>>Tokyo Fashion Diaries

Misha gave a nice presentation about the current trend analysis about Tokyo fashion and some of her favorite designers. She also shared some of her works as a stylist.

今の東京のファッションのトレンドに関してや、彼女がチェックしている若いデザイナー達、それから彼女がこれまでにスタイリストとして手がけた作品などを紹介してくれました。

Thank you Misha for visiting us!

I hope you get a chance to take a look at her brand, Plumb. It’s the world’s first high-fashion wig brand.

W+K Tokyoのオフィスに来てくれてありがとうミーシャ!

彼女が最近ローンチしたブランド、Plumbは、世界初のハイファッションのウィッグブランドということで、これもかなり興味深いです。

>>Misha Janette’s Website

>>PLUMB | Fashion Forward Wigs for a Backward World

Lunch with…R.A.B. the world class B-boys

b5e32f4247ca11e1abb01231381b65e3_7.jpeg

We prepared a proper floor for our special guests who visited us during our agency lunch hour.  It’s R.A.B. the world class breakdancers, who really showed us what’s up.

本日のエージェンシーランチタイムに訪れたスペシャルゲストのために、床に適切な設営を施しました。世界レベルのブレイクダンサー、R.A.B.の皆様が日本を代表するものすごいスキルを見せつけてくれました。

dsc_7434.jpg

dsc_7416.jpg

dsc_7414.jpg

dsc_7468.jpg

OMG!!!!!!!!

オーーーマイガーーーーっ

And they talked their love for Anime culture with passion. They said Anime allows them to connect with other B-boys around the world, even if they don’t speak the same language. We are totally inspired by these guys.

そして、アニメに対する愛情を情熱的に語るR.A.B.のダンサーたち。ダンスバトルなどで世界のトップダンサーと出会って、英語が通じなくてもアニメを通じてコミュニケーションができるなんて素敵な話を聞かせてくださいました。最高のランチタイム!

dsc_7477.jpg

dsc_7481.jpg

You guys are awesome and makes us so proud of Japanese culture. THANK YOU!!

日本のカルチャーを誇りに思わせてくれる素晴らしい才能に出会いました。ありがとうございます!

” target=”_blank”>>>They have a CD out?! Check it out HERE

 

177828547.gif