W+K Tokyo

Welcome to Our Office – Part 2 (The Annex)

そして昨年からはメインオフィスに加えて、徒歩3分ほどの目黒川沿いの場所にW+K+(ダブリュー・プラス・ケー・プラス)ができました。こちらの内装デザインをしてくださったのは、SLOPEの若松義秀さんと石川元気さん。こちらも余白を残したシンプルな造りです。

Last year, in addition to our main office, we’ve added an annex called W+K+ at a location right by Namkameguro River only 3 minutes walk from the main office. Interior design was done by Yoshihide Wakamatsu and Genki Ishikawa from SLOPE.


会議室の目の前には、目黒川の桜並木!
Nakameguro River is famous for cherry blossoms and we get to see this view right out our meeting room windows!

1階にはギャラリースペースW+K+ Gallery(ダブリュー・ケー・ギャラリー)もオープンしました。不定期にエキシビションやイベントを開催しています。スケジュールはFacebookでお知らせしていきますので、ぜひお立ち寄りください。以下これまでに行われたイベントの一部をご紹介します。

We’ve opened a gallery space called W+K+ Gallery. We plan and hold events and exhibitions on an irregular base. We’ll be posting our gallery schedules on our Facebook, so please come see us! The following are some of the events we’ve had so far.


週末に行われたクリエイターたちによるフリーマーケットの様子。
Weekend Flea Market by creators.


音楽家・サウンドアーティストのRay Kunimotoによるサウンドアートの展示。オープニングレセプションでは、Shohei Fujimoto(teamLab)とともにライブパフォーマンスも開催。
Sound Art Exhibition by Ray Kunimoto – musician/sound artist.
He performed live with Shohei Fujimoto (teamLab) at the opening reception.


サマタマサト(Delaware)と青木政宜による「Substitute」展。キャンバス地やビニールシート製のスーツや帽子、鞄、雑貨などを展示・販売し、期間中はライブやトークショーも行われました。
“Substitute” Exhibition by Masato Samata (Delaware) and Masataka Aoki. Suits, hats, shoes and other fashion items made with canvas and plastic sheets were exhibited and sold, and live music performance and a talk show were offered.



目黒川のお花見シーズンには、究極のセルフィーの撮影がかなうエクストリーム自撮り棒を作成。扇風機自撮り棒、ディスコ自撮り棒、ミラー自撮り棒、 4.5mスーパーロング自撮り棒を無料で貸し出していました。
We created and offered “extreme selfie sticks” for extraordinary selfies during Meguro River Cherry Blossom Festival. The Windswept Selfie Stick, the Disco Selfie Stick, the Mirrored Selfie Stick, and the 4.5m Super Long Selfie Stick were offered for free!

Welcome to Our Office – Part 1

前回のニューヨークオフィスに続き、中目黒にある東京オフィスの様子をご紹介したいと思います。2012年に六本木から中目黒に引っ越して4年余りが経ちました。ともすればカオスになってしまいそうなスタッフの個性溢れるデコレーション(?)を受け止めてくれるのは、木製の骨格が際立つシンプルでラフな空間。わがままなリクエストに応えて設計してくださったのはPOINTの長岡勉さんです。

We’ve taken you through our New York office, so let us now introduce our Tokyo office situated in Nakameguro. It’s been over 4 years since we moved from our former Roppongi space in 2012. Ben Nagaoka from POINT did a wonderful job addressing all our demanding requests, designing for us a simple space with rough, exposed wooden beams that allow for the unique and diverse collection of art and decors that may otherwise be a chaotic clutter.


クリエイティブチームが集まる2階。11mのデスクの両サイドに7名ずつ座っています。
Second floor is occupied by our creative team. There are 7 seats on each side of the 11m desk.


ワークスペースとひと続きとなったミーティングスペースのテーマは“おばあちゃんの部屋”。
“Grandma’s room” is a meeting space sectioned off from the work space.

80年代アイドルをテーマにした社員のポートレイトコーナー。プロマイドで有名な浅草の
マルベル堂
で撮影していただいています。
A wall of 80s idol-themed employee portraits. These were taken at Marubell-Do in Asakusa, a famous photo studio specializing in making pop idol photo-collectable cards.


3階に3つある会議室のひとつ。壁一面のイラストは大川久志さんの作品。
One of three meeting rooms on third floor. The mural on the wall was done by Hisashi Okawa.

このほかに昨年からはオフィス拡張に伴い目黒川沿いにギャラリースペースもあるW+K+がオープンしました。そちらの様子も近日公開いたします。

We’ve expanded our office space by adding an annex with a gallery space on the 1st floor right by Nakameguro River last year, and named it W+K+.

Will Smith at Our NY Office!

Will Smith’s latest movie, “Collateral Beauty”, opening on February 25th takes place at our W+K New York office. The office is used in various scenes throughout the film as the ad agency Howard (played by Smith) manages. So, let us take you through our New York office.

2月25日より公開されるウィル・スミス主演映画『素晴らしきかな、人生』は、W+Kのニューヨークオフィスが舞台。ウィル扮するハワードが経営する広告代理店として、全編を通してさまざまなシーンで使われています。今回はそんなニューヨークオフィスの様子をご紹介。


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

The film will be released on February 25th at Marunouchi Piccadilly, Shinjuku Piccadilly, and other theaters nationwide. As you watch this film and follow the story, we would like you to take notice of the conference room where the monitor comes down from the ceiling, and all the graphics that make up the office interior. The office is located in Manhattan, and has a spiral staircase that goes through the floors of the building. The office was designed by WORKac, an architectural firm that is also based in New York.

この映画は2月25日から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー予定。ストーリーと一緒にぜひチェックしていただきたいのが、天井が開いてモニターが出てくる会議室や、至る所にグラフィックが散りばめられたインテリアです。オフィスはマンハッタンにあり、ビルのフロアを突き抜ける螺旋階段がシンボル。デザインは同じくニューヨークの建築事務所WORKacが手がけています。


Our “coin staircase,” made of walnut wood, connects the 6th and 7th floors. It can also be used as an auditorium when people gather here.
6階と7階を繋ぐのは、ウォルナット材の「コイン・ステア」。この大階段にみんなが集まり、講堂のようにも使えます。


A bar to grab a drink after work. There’s also a library above the staircase.
仕事終わりにはオフィス内のバーで一杯。階段の上にはライブラリーコーナーがあります。


This casual meeting area is like someone’s living room.
まるでリビングルームのようなカジュアルなミーティングスペースも。


Blueberries grow in this outdoor space, where you can catch fresh air as you have lunch or meetings. There’s even yoga classes held.
ブルーベリーが茂るアウトドアスペース。外の空気を吸いながらランチやミーティングができるほか、ヨガのレッスンも開催されています。

We’re actually jealous of our New York colleagues, knowing that this is their actual office, and not a movie set. It’s not as big, but we will feature our Tokyo office soon, so don’t miss out!

これらが映画のセットではなく実在のオフィスだと思うと、ニューヨークの同僚たちが羨ましくなります。規模は異なりますが、近々東京オフィスのインテリアも公開しますのでお楽しみに!

REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017

Shinya, who is currently spending his 3rd year in Portland and working at W+K Portland, updated his travel guide “REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017: #REALPORTLAND” that lists places that he truly recommends going to.

ポートランドのW+Kで働き、現地生活3年目を迎えるShinyaが本当にオススメできるスポットだけをまとめた​、『REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017: #リアルポートランド』が​​2017年版としてアップデートされました。

Real PDX 

The first edition was published in 2015, and quickly became 5th in Amazon’s new books for “overseas travel” just by word of mouth. A year and a half later, he has updated the book with an addition of 36 new shops and favorite restaurants that are not listed in the previous edition. These are places that Shinya, who is almost 30, a (not-so-affluent) bachelor went to eat, drink, shop and have fun after work or on weekends. The only criteria in selecting these places are whether or not he can “recommend it to Japanese people”. This book is filled with information about “real” Portland, as the city continues to grow each day.

2015年に発行し口コミだけでAmazon新書 「海外旅行」部門第5位になった前号の発行から1年半。その間に新しく見つけたお店、新しいお気に入りのレストラン、前号には掲載しなかったお店など、36のスポットを追加してアップデートした最新号です。30歳を目前にした独身(*貴族ではない)のShinyaが毎日仕事帰りに、週末に、食べ歩き、飲み歩き、遊びに行き、買ってみたものの中から「日本人にオススメできるかどうか」ということがセレクトの唯一の基準。街として日々着実に成熟度を増しているリアルなポートランドが詰まっています。

This fully re-edited edition, along with 75 locations, includes detailed information on farmers markets that you will not find anywhere else (he has been going around every week for the past 3 years). All locations include links to Google Map©, so it is easily accessible via Kindle, iPhone and other smartphones. That way, there is no need to wander around with the travel guide in hand!

約75スポットに加え、どこよりも詳しいファーマーズマーケット情報(筆者が3年間毎週通っている)を網羅して、完全再編集。すべてのスポットにGoogle Map©のリンク付きなので、Kindleはもちろん、iPhoneやスマートフォンで簡単に地図にアクセスできます。現地で、書籍のガイドブックを持ちながらウロウロしなくて済むように設計されています。

New Face | Kuyan+Azsa+Jess+Kana+Mattijs

Introducing new faces landed at W+K Tokyo over the past several months.
この数ヶ月にW+K Tokyoに参加した新メンバーをご紹介します。

W+K_Kuyama Hiroshi
HIROSHI KUYAMA 久山弘史| Creative Director

Hiroshi Kuyama used to work at Wieden+Kennedy Tokyo until 2012, then worked freelance. In 2013, he marked 3 hours 11 minutes at Toyama Marathon. In 2014, after recovering from a meniscus injury, he made a comeback with half-marathon. From 2016, he is a creative director at Wieden+Kennedy Tokyo.

2012年までW+K TOKYOに所属後、フリーランスとして活動。2013年富山マラソンにて3時間11分を記録。2014年に左膝の半月板損傷後、リハビリ期間を経てハーフマラソンに復帰。2016年からW+K TOKYOに復帰。

W+K_Azsa West
AZSA WEST エイジア・ウエスト | Creative Director

Azsa West comes from a haunted little surfer town in Southern California. She was raised by dolphins, skaters, aliens and a new age graphic designer. Azsa is a multidisciplinary creative with a background in art direction, writing, illustration, and film. She studied photography and illustration at The California College of Arts in San Francisco and graduated from W+K 12 with an emphasis on art direction and writing. She has exhibited works in Los Angeles, Portland, New York, Brazil, Sydney and Paris. A book of her drawings “Nature Study on Lonesome Island” was published in 2011. Azsa’s work has been featured in publications such as New York Times, Ad Busters, Huffington Post, Creativity, Girls Like Us, Put A Egg On It, CMYK, Fader, Good Magazine, and Fast Company. She currently works at W+K in Tokyo as a Creative Director.

エイジア・ウエストは、南カリフォルニアの小さなサーファータウンの出身。イルカと、スケーターと、宇宙人と、ニュー・エイジ・グラフィックデザイナーの元で育つ。カリフォルニア美術大学で写真とイラストを専攻した後、W+K12でアートディレクションとライティングを重点的に学ぶ。アートディレクション、ライティング、イラストレーション、そして映像制作まで幅広い経験を持つ。また、彼女のアート作品は、ロサンゼルス、ポートランド、ニューヨーク、ブラジル、シドニー、パリなど各地で展示されている。 2011年にはアートブック「Nature Study on Lonesome Island」が出版され、これまでNew York Times、Ad Busters、Huffington Post、Creativity、Girls Like Us、Put A Egg On It、CMYK、Fader、Good Magazine、Fast Companyなどの出版物で自身の作品が取り上げられている。7月よりW+K東京のクリエイティブディレクターとして東京で暮らす。

W+K_Jess
JESS ジェス | Studio Assistant

Jess was born in Brazil and raised in Shizuoka.
Before joining W+K Tokyo, Jess worked for the post production house Cutters Tokyo as Client Service Manager. She loves to draw/paint, to cook, and high places. She’s always down to walk around, explore the city and meet new people.

ジェスはブラジル生まれの静岡育ち。W+K Tokyo入社する前は、ポスプロハウスCutters Tokyoでクライアント・サービス・マネージャーをやってました。ジェスは絵を描くのと、料理と高い所が大すき。いつでも新しい人にあったり、のんびりして街に歩くのが好きな子。

W+K_Kana Ikushima
KANA IKUSHIMA 生島佳奈 | Account Supervisor

Born in Osaka. Kana studied abroad in Portland in the U.S. during her college days. After she graduated the college in Japan, she worked at a brand side, but then decided to join the agency side. She loves running, and has completed a full marathon for 8 times. She also loves to eat and cannot get enough of ramen and junk food. Kana’s dream is to complete the World Marathon Majors.

大阪府出身。大学時代にポートランドに留学。卒業後、日本でメーカーに勤めるが、一念発起し広告業界にチャレンジすることを決めた。ランニングが趣味でこれまでに8回ほどマラソン大会に出場。美味しいものを食べるのが好きで、ラーメンとジャンクフードには目がない。夢は世界6大マラソンを全て制覇すること。

W+K_MattijsDevroedt
MATTIJS DEVROEDT マテス・デヴロッド | Senior Strategic Planner

Mattijs is Belgian and started his advertising life as a strategic planner at the Belgian creative agency Duval Guillaume. He then crossed the Channel to work at Ogilvy London and adam&eveDDB London. Today, five years after first leaving his home country, Mattijs is moving to Tokyo to join Wieden+Kennedy Tokyo as a senior strategic planner. Outside of work, Mattijs spends his time traveling, painting and eating.

ベルギー出身。ベルギーのクリエイティブ・エージェンシー Duval Guillaumeでストラテジッツク・プランナーとして広告業界でのキャリアをスタートする。その後、海を渡りロンドンに。Ogilvy Londonとadam&eveDDB London で経験を積む。故郷を離れて約5年、シニア・ストラテジック・プランナーとしてW+K東京に参加するため東京に引っ越してきてマテス。趣味は旅行、絵を描くこと、そして食べること。

W+K Tokyo