W+K Tokyo

Welcome to Our Office – Part 2 (The Annex)

そして昨年からはメインオフィスに加えて、徒歩3分ほどの目黒川沿いの場所にW+K+(ダブリュー・プラス・ケー・プラス)ができました。こちらの内装デザインをしてくださったのは、SLOPEの若松義秀さんと石川元気さん。こちらも余白を残したシンプルな造りです。

Last year, in addition to our main office, we’ve added an annex called W+K+ at a location right by Namkameguro River only 3 minutes walk from the main office. Interior design was done by Yoshihide Wakamatsu and Genki Ishikawa from SLOPE.


会議室の目の前には、目黒川の桜並木!
Nakameguro River is famous for cherry blossoms and we get to see this view right out our meeting room windows!

1階にはギャラリースペースW+K+ Gallery(ダブリュー・ケー・ギャラリー)もオープンしました。不定期にエキシビションやイベントを開催しています。スケジュールはFacebookでお知らせしていきますので、ぜひお立ち寄りください。以下これまでに行われたイベントの一部をご紹介します。

We’ve opened a gallery space called W+K+ Gallery. We plan and hold events and exhibitions on an irregular base. We’ll be posting our gallery schedules on our Facebook, so please come see us! The following are some of the events we’ve had so far.


週末に行われたクリエイターたちによるフリーマーケットの様子。
Weekend Flea Market by creators.


音楽家・サウンドアーティスト國本怜によるサウンドアートの展示。オープニングレセプションでは、藤元翔平(teamLab)とともにライブパフォーマンスも開催。
Sound Art Exhibition by Ray Kunimoto – musician/sound artist.
He performed live with Shohei Fujimoto (teamLab) at the opening reception.


サマタマサト(Delaware)と青木政宜による「Substitute」展。キャンバス地やビニールシート製のスーツや帽子、鞄、雑貨などを展示・販売し、期間中はライブやトークショーも行われました。
“Substitute” Exhibition by Masato Samata (Delaware) and Masataka Aoki. Suits, hats, shoes and other fashion items made with canvas and plastic sheets were exhibited and sold, and live music performance and a talk show were offered.



目黒川のお花見シーズンには、究極のセルフィーの撮影がかなうエクストリーム自撮り棒を作成。扇風機自撮り棒、ディスコ自撮り棒、ミラー自撮り棒、 4.5mスーパーロング自撮り棒を無料で貸し出していました。
We created and offered “extreme selfie sticks” for extraordinary selfies during Meguro River Cherry Blossom Festival. The Windswept Selfie Stick, the Disco Selfie Stick, the Mirrored Selfie Stick, and the 4.5m Super Long Selfie Stick were offered for free!

Welcome to Our Office – Part 1

前回のニューヨークオフィスに続き、中目黒にある東京オフィスの様子をご紹介したいと思います。2012年に六本木から中目黒に引っ越して4年余りが経ちました。ともすればカオスになってしまいそうなスタッフの個性溢れるデコレーション(?)を受け止めてくれるのは、木製の骨格が際立つシンプルでラフな空間。わがままなリクエストに応えて設計してくださったのはPOINTの長岡勉さんです。

We’ve taken you through our New York office, so let us now introduce our Tokyo office situated in Nakameguro. It’s been over 4 years since we moved from our former Roppongi space in 2012. Ben Nagaoka from POINT did a wonderful job addressing all our demanding requests, designing for us a simple space with rough, exposed wooden beams that allow for the unique and diverse collection of art and decors that may otherwise be a chaotic clutter.


クリエイティブチームが集まる2階。11mのデスクの両サイドに7名ずつ座っています。
Second floor is occupied by our creative team. There are 7 seats on each side of the 11m desk.


ワークスペースとひと続きとなったミーティングスペースのテーマは“おばあちゃんの部屋”。
“Grandma’s room” is a meeting space sectioned off from the work space.

80年代アイドルをテーマにした社員のポートレイトコーナー。プロマイドで有名な浅草の
マルベル堂
で撮影していただいています。
A wall of 80s idol-themed employee portraits. These were taken at Marubell-Do in Asakusa, a famous photo studio specializing in making pop idol photo-collectable cards.


3階に3つある会議室のひとつ。壁一面のイラストは大川久志さんの作品。
One of three meeting rooms on third floor. The mural on the wall was done by Hisashi Okawa.

このほかに昨年からはオフィス拡張に伴い目黒川沿いにギャラリースペースもあるW+K+がオープンしました。そちらの様子も近日公開いたします。

We’ve expanded our office space by adding an annex with a gallery space on the 1st floor right by Nakameguro River last year, and named it W+K+.

NEW FACE | SHANNON+KAY+JUSTIN+JAM+SANAE

Introducing new faces who joined W+K Tokyo over the past several months.
ここ数ヶ月にエージェンシーに入った、新しいメンバーをご紹介します。


SHINO IKUTA 生田 紫野 | Receptionist

Shannon was born in Chigasaki, Kanagawa, and spent her childhood years in Pakistan, Thailand, and California. She attended an international school in Tokyo upon returning to Japan. While studying Journalism at a university in California, she worked as a reporter for a local news station. She loves to write, and she grew up listening to 70s American rock due to the influence of her parents. Her dream is to own a husky dog.

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。幼少期をパキスタン、タイ、アメリカで暮らし、帰国後はインターナショナルスクールに通う。カリフォルニアの大学ではジャーナリズムを専攻し、ローカルテレビ局のレポーターをしていた経験ももつ。両親の影響で70年代のアメリカンロックを聴いて育つ。文章を書くことが好きで、夢はハスキーを飼うこと。


KAYOKO KINJO 金城 佳代子 | Account Supervisor

Born in Japan and raised in the States, this is Kay’s second time to join W+K Tokyo. She was one of the starting members of the Tokyo office in 1997 and took a position at W+K Amsterdam in 2004. After leaving W+K in 2007, Kay continued to do marketing for Apple and Google. The mother-of-two returned to W+K Tokyo last year and is now busy juggling a career and motherhood. Her children’s smiles keep her high-spirited. Swimming is her latest interest and her favorite music is hard rock.

日本生まれ、アメリカ育ち。W+K Tokyo入社は2度目。1度目は1997年で、東京オフィスの創立メンバーの一人。2004年にW+K Amsterdam に赴任。2007年に退社後、AppleやGoogleでマーケティングを続ける。2016年からW+K TOKYOに復帰する。現在は2児の母で、仕事と家庭の両立で目がまわる日々を過ごすワーキングマザー。子供達の笑顔が元気の源。最近はまっていることは水泳。好きな音楽はハードロック。


JUSTIN LAM ジャスティン・ラム | Associate Communications Planning Director

Tokyo is the 5th city he has lived in, following Hong Kong, Dallas, Austin and New York City. He loves the culture around rap music, basketball and fashion. Four people he’d like to have dinner with: Cam’ron, Noel Gallagher, Jackie Chan and Hiroshi Fujiwara. His job as Associate Communications Planning Director is to help our creative ideas come to life in the most effective formats for their intended audiences. That means learning about where, when and how they consume information.

香港、ダラス、オースティン、ニューヨークに続き、ジャスティンにとって東京は5つ目の街。ラップミュージック、バスケットボールとファッションに関するカルチャーをこよなく愛す。一緒に食事をしてみたい人たちはキャムロン、ノエル・ギャラガー、ジャッキー・チェンと藤原ヒロシ。アソシエイト・コミュニケーション・プランニング・ディレクターとしての彼の役割はクリエイティブアイディアがターゲットに確実に届くための最適なコミュニケーション戦略を提案すること。ターゲットがいつどこでどのように情報を消費しているかを把握するという仕事です。


KAYA カヤ|Receptionist / Gallery Manager

Kaya is the manager of our new gallery space, W+K+, which we opened last year. The gallery hosts art exhibitions, music events, pop-up stores and other events that you can find on our

    official Facebook page

. One of Kaya’s favourite things to do is wander through Tokyo so rather than take public transport to work, she spends a good hour walking every day.

昨年新しくオープンしたギャラリースペース、W+K+のマネージャーを担当。W+K+ではアートなどの展示や音楽イベント、ポップアップストアなど様々なイベントを不定期に開催中。最新情報は

    公式Facebookページ

から!「これからも面白い展示やイベントをたくさんしていく予定なので、ぜひ遊びに来てください」。歩くことが好きなので普段から移動はなるべく徒歩。通勤もほとんど毎日往復1時間かけて歩いている。


JAMUNA SCHANO ジャムーナ・シャノー | PA

Jam is our super secretary supporting our three extremely busy management executives. She is half Japanese – half Austrian, named after a Hindu Goddess of a river in India. She loves singing, song-writing and hand-making organic leather items such as wallets and accessories. Formerly a Senior Merchandiser & Buyer for a startup e-commerce store, Jam then got actively involved in a project by the Japanese Ministry of Trade and Industry to help Japanese craftsmen to sell and promote their amazing handmade products worldwide. Jam is a certified Tarot card reader and Reiki healer. Her trademark fashion is pink, glitter and rainbow.

多忙を極める3人の役員を支えるスーパー秘書。日本とオーストリアのハーフで、ジャムーナという名前の由来はインドの川の女神。好きな事は歌うことと作曲、手縫いでオーガニックレザーの長財布やアクセサリーを作ること。オンラインセレクトショップでバイヤー&シニア・マーチャンダイザーを務めた後、経済産業省のMORE THANプロジェクトを通じヨーロッパを中心として世界に日本の伝統工芸の素晴らしさを広める活動をしていた経験ももつ。タロット占い師と、レイキ・ヒーラーの資格も保有。ピンク、キラキラ&レインボーな着こなしがトレードマーク。


SANAE SATO 佐藤早苗 | PR Specialist

Born and raised in Tokyo. Sanae worked for an airline company, managed a design event prior to joining a publisher. Her first role on the editorial team for a fashion magazine was much like the assistant in “The Devil Wears Prada,” and then moved to editorial tasks for a wedding magazine and interior magazine before becoming a freelance editor and writer. She joined W+K Tokyo in December 2016 as the agency’s PR specialist. She is a terrible singer and karaoke is most definitely not her thing.

東京生まれ東京育ち。航空会社勤務後、デザインイベントの運営に携わり、出版社に入社。ファッション誌編集部で 『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ的なポジションから、ウエディング、インテリア誌の編集部を経てフリーランスのエディター、ライターに。2016年12月からPRとしてW+Kに入社。ひどい音痴でカラオケが大の苦手。

Will Smith at Our NY Office!

Will Smith’s latest movie, “Collateral Beauty”, opening on February 25th takes place at our W+K New York office. The office is used in various scenes throughout the film as the ad agency Howard (played by Smith) manages. So, let us take you through our New York office.

2月25日より公開されるウィル・スミス主演映画『素晴らしきかな、人生』は、W+Kのニューヨークオフィスが舞台。ウィル扮するハワードが経営する広告代理店として、全編を通してさまざまなシーンで使われています。今回はそんなニューヨークオフィスの様子をご紹介。


©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

The film will be released on February 25th at Marunouchi Piccadilly, Shinjuku Piccadilly, and other theaters nationwide. As you watch this film and follow the story, we would like you to take notice of the conference room where the monitor comes down from the ceiling, and all the graphics that make up the office interior. The office is located in Manhattan, and has a spiral staircase that goes through the floors of the building. The office was designed by WORKac, an architectural firm that is also based in New York.

この映画は2月25日から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー予定。ストーリーと一緒にぜひチェックしていただきたいのが、天井が開いてモニターが出てくる会議室や、至る所にグラフィックが散りばめられたインテリアです。オフィスはマンハッタンにあり、ビルのフロアを突き抜ける螺旋階段がシンボル。デザインは同じくニューヨークの建築事務所WORKacが手がけています。


Our “coin staircase,” made of walnut wood, connects the 6th and 7th floors. It can also be used as an auditorium when people gather here.
6階と7階を繋ぐのは、ウォルナット材の「コイン・ステア」。この大階段にみんなが集まり、講堂のようにも使えます。


A bar to grab a drink after work. There’s also a library above the staircase.
仕事終わりにはオフィス内のバーで一杯。階段の上にはライブラリーコーナーがあります。


This casual meeting area is like someone’s living room.
まるでリビングルームのようなカジュアルなミーティングスペースも。


Blueberries grow in this outdoor space, where you can catch fresh air as you have lunch or meetings. There’s even yoga classes held.
ブルーベリーが茂るアウトドアスペース。外の空気を吸いながらランチやミーティングができるほか、ヨガのレッスンも開催されています。

We’re actually jealous of our New York colleagues, knowing that this is their actual office, and not a movie set. It’s not as big, but we will feature our Tokyo office soon, so don’t miss out!

これらが映画のセットではなく実在のオフィスだと思うと、ニューヨークの同僚たちが羨ましくなります。規模は異なりますが、近々東京オフィスのインテリアも公開しますのでお楽しみに!

REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017

Shinya, who is currently spending his 3rd year in Portland and working at W+K Portland, updated his travel guide “REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017: #REALPORTLAND” that lists places that he truly recommends going to.

ポートランドのW+Kで働き、現地生活3年目を迎えるShinyaが本当にオススメできるスポットだけをまとめた​、『REAL PORTLAND CITY GUIDE 2017: #リアルポートランド』が​​2017年版としてアップデートされました。

Real PDX 

The first edition was published in 2015, and quickly became 5th in Amazon’s new books for “overseas travel” just by word of mouth. A year and a half later, he has updated the book with an addition of 36 new shops and favorite restaurants that are not listed in the previous edition. These are places that Shinya, who is almost 30, a (not-so-affluent) bachelor went to eat, drink, shop and have fun after work or on weekends. The only criteria in selecting these places are whether or not he can “recommend it to Japanese people”. This book is filled with information about “real” Portland, as the city continues to grow each day.

2015年に発行し口コミだけでAmazon新書 「海外旅行」部門第5位になった前号の発行から1年半。その間に新しく見つけたお店、新しいお気に入りのレストラン、前号には掲載しなかったお店など、36のスポットを追加してアップデートした最新号です。30歳を目前にした独身(*貴族ではない)のShinyaが毎日仕事帰りに、週末に、食べ歩き、飲み歩き、遊びに行き、買ってみたものの中から「日本人にオススメできるかどうか」ということがセレクトの唯一の基準。街として日々着実に成熟度を増しているリアルなポートランドが詰まっています。

This fully re-edited edition, along with 75 locations, includes detailed information on farmers markets that you will not find anywhere else (he has been going around every week for the past 3 years). All locations include links to Google Map©, so it is easily accessible via Kindle, iPhone and other smartphones. That way, there is no need to wander around with the travel guide in hand!

約75スポットに加え、どこよりも詳しいファーマーズマーケット情報(筆者が3年間毎週通っている)を網羅して、完全再編集。すべてのスポットにGoogle Map©のリンク付きなので、Kindleはもちろん、iPhoneやスマートフォンで簡単に地図にアクセスできます。現地で、書籍のガイドブックを持ちながらウロウロしなくて済むように設計されています。