W+K Tokyo

Audi | Run / Mind Space

Audi’s two flagship models “Audi A7 Sportback” and “Audi A8” have undergone a full model change. For the vehicles’ long-awaited launch in Japan, we created a campaign that introduces a new platform for the brand in Japan.

Following the “Audi A7 Sportback” campaign launch in September, the “Audi A8” campaign, which includes TV, launch on October 1st. Through these two campaigns, Audi and Wieden+Kennedy Tokyo seek to carve out a more modern space within the Japanese luxury automotive market in a way that appeals to modern drivers. Whereas ‘luxury’ has traditionally meant scarcity or use of expensive materials, the new work reframes the idea of ‘luxury’ as being about personal time, space, freedom and seeing the world with a slightly wider perspective. The campaign marks a bold and dramatic move away from the flashy tropes of premium car communication in Japan.

Audiを代表する最上位クラスの2車種「Audi A7 Sportback」と「Audi A8」がフルモデルチェンジ。待望の日本デビューにあたり、Audiの新たなブランドプラットフォームを提案するキャンペーンを担当しました。

9月に公開された「Audi A7 Sportback」キャンペーンに続き、10月には「Audi A8」(10月15日発売予定)のためのテレビコマーシャルを含むキャンペーンがローンチ。両キャンペーンを通じてAudiとワイデン+ケネディが訴求するのは日本の高級車市場における新たな可能性です。高価な素材や希少性による価値をプレミアムと位置づけるのではなく、広い視野を持ち、この世界を自分らしく自由に前進できることこそが、今の時代のプレミアムな価値であるとし、新たな時代の幕開けにふさわしい日本のプレミアムカーのコミュニケーションを目指しました。

Read More