W+K Tokyo

COIEDA

Coieda presents us a more mature and refined Takagi Masakatsu. His second album with W+K Tokyo Lab marks both a closure and a new beginning.

In this pivotal turning point, he takes new steps in his music making by introducing acoustic instruments such as guitar and piano to his electronic composition for the first time. Takagi refers to this album as the work in which “I was able to pour out the things I’ve been wanting to do in the past, and set the foundation for what I want to create thereafter.” For him, Coieda became something “I can return to and reaffirm my position whenever I feel lost.”

Prior to this, Takagi approached his albums as one big story. In contrast, Coieda is a visual album of eight “short stories,” in which each visual is treated like a distinct, self-standing chapter within a bigger novel. Furthermore, this album was his attempt “to express the visuals as ‘paintings’ “. Each music video has Takagi’s signature impressionistic “video painting”. Primo is reminiscent of a moving oil painting, Girls looks like watercolor painting in motion, and Maggie’s Trip, resembles moving graffiti.

Because Coieda was conceived as a collection of independent pieces without a core theme, the package was designed like a magazine. The artwork for the pack was created by Saeko Takagi who had intimate knowledge of Takagi’s production process. He simply asked her to “draw whatever you want”, to which she produced a series of free-floating imagery.

2004年9月、高木正勝は表現活動の第一ステージを締めくくる集大成として “COIEDA”を発表。それまでに取り組んできたエレクトロニックミュージックの手法を生かしつつ、ギター、ピアノなどの生楽器の演奏を前面に押し出した新しいアプローチに挑んだ。本人曰く、この作品は「過去にやりたかったことを吐き出し、それから先、どんなものが作りたいのかの礎になったアルバム」であり、現在も「迷ったときに自分の立ち位置を確認できる」ものになった。

“COIEDA”は、8本の映像作品を収録した「短編集」のようなつくりになっている。それまではアルバムを一つの大きなストーリーとして制作していたが、この作品ではそれぞれ独立したイメージでつくられた映像作品を一つにまとめた形となった。収録された映像はバラエティに富んでいる。さらに、この作品は全体的に「映像で絵画を表現すること」にトライ。油絵が動いているような“Primo”、まるで水彩画が動いているような“girls”、グラフィティが動いているような“maggie’ s trip”など、それぞれが高木正勝独特の「ビデオ・ペインティング」なのである。

また、これまでのアルバムと違って、核となるテーマをもたず、個別に独立したものをまとめたアルバムである“COIEDA”のパッケージは、雑誌のようにデザインされた。絵は高木紗恵子が担当。制作中のことをよく知る彼女に、高木正勝は「好きなように描いてほしい」とだけリクエストした。強いメッセージ性やイメージを固定するのではなく、自由な佇まいに仕上がっている。

Read More