W+K Tokyo

DRIVE EVERY DROP

Our first work for Honda Asia broke in May 2008 during the Monaco Grand Prix. It was the result of a collaboration between our Tokyo and London offices.

Our first work for Honda Asia broke in May 2008 during the Monaco Grand Prix. It was the result of a collaboration between our Tokyo and London offices.

The TV spot, directed by Jake Scott, dramatizes Honda’s i-VTEC engine technology and Honda’s belief that the joy of driving shouldn’t be compromised when cars use less fuel. The opening scene shows a single drop of fuel suspended within an engine cylinder. A series of drops then combust within the cylinder, which are revealed to be propelling a car forward via unique and abstract footage of a journey. Real drops of fuel were ignited and filmed to create the combustion images.

The “Drive Every Drop” campaign also includes print, OOH, dealer materials and interactive. The drive every drop website invites visitors to join a road trip across Asia in a Honda powered by the i-VTEC engine. Participants will be able to ‘sponsor’ the road trip by defining the route, choosing the driver and car, and adding drops of fuel along the way.

HONDA ASIA & Oceaniaのために初めて作った作品は、2008年5月、モナコグランプリのときに登場。これは、東京オフィスとロンドンオフィスによるコラボレーションの成果だった。

このTVスポットの監督はJake Scott。HONDAのi-VTECエンジン技術と、燃費を上げてもドライビングのよろこびについては譲歩すべきでないというHONDAの信念をドラマチックに表現している。オープニングシーンは、エンジンシリンダーの中に浮かんだ一滴の燃料。次に、一滴一滴が次々にシリンダー内で燃焼し、ユニークで抽象的なドライビングの映像を通して、それがクルマを前方へと駆り立てていることが明らかになってくる。本物の燃料に点火し、燃焼の映像を作り出した。

なってくる。本物の燃料に点火し、燃焼の映像を作り出した。

『Drive Every Drop』キャンペーンでは、新聞雑誌、OOH、ディーラー販促ツール、インタラクティブメディアも制作されている。『Drive Every Drop』のサイトでは、i-VTECエンジン搭載のHONDA車に乗ってアジアを走るツアーに参加できる。参加者は、ルートを設定し、ドライバーとクルマを選び、途中で燃料を追加しながら、ロードトリップの『スポンサー』になれる。

Read More