W+K Tokyo

Facebook

The most important thing you can be is a friend. Whether you are backing them up in a karaoke booth, making them soup when they are sick, or just laughing at their dumb jokes. We are all someone’s friend. What kind you’ll be is up to you.

This is Facebook’s first campaign for the Japanese market. The campaign film, “You’re someone’s friend,” was directed by Zachary Heinzerling, a 2014 Oscar nominated director for Best Documentary Feature, and the voiceover was performed by the actor Ryo Katsuji. The campaign extends to online, out of home, train stations, and the worlds-first integrated 5-screen experience at Shibuya crossing, as well as of course content on Facebook.

The campaign was created in Japan, for Japan, bringing to life insights about culture, people and friendships, all to create work that is both intimate and familiar.

一番大切なのは友達でいること、というアイデアをベースに、フェイスブック初日本市場に向けたキャンペーンをローンチ。キャンペーンフィルム「あなたは誰かのともだち」は、第86回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたザッカリー・ハインザーリング監督が演出を手掛け、ナレーションは俳優の勝地涼さんが担当しています。テレビCMのほか、オンライン、屋外、交通広告、渋谷スクランブル交差点での世界初となる5つの屋外ビジョンを連携させた動画をローンチします。また、フェイスブック上でもコンテンツを展開していきます。

カラオケボックスで友達の歌を盛り上げたり、病気の時におかゆを作ってあげたり、くだらないジョークに笑ったり、私たち一人一人が誰かの友達であり、その形は十人十色です。本キャンペーンは日本に向けて、日本で制作を行い、日本のカルチャー、人々、そして友情に紐づいたインサイトを形にし、誰もが親しみを感じる近しい友人関係を描いています。

Read More