W+K Tokyo

GOOGLE MAPS

To promote Google Maps, instead of just telling people about the product, we wanted people to experience Google Maps and start sharing it with their friends. We invited influencers to create their own customized maps of Japan – like Hiroshi Fujiwara’s map of his favorite slopes for skating – and held a national contest for users to create their own.

We then worked with mixi to add an ‘add Google Map’ button to their site to encourage mixi users to use Google Maps as a social communication tool. To create even more buzz, we created a blog featuring Johnny -- a person who travels to seek the “weirdest food” in Japan based on one of the myMaps posted to the campaign site. Without even announcing this blog, there were 4,000 hits within a week. Overall, the campaign succeeded in moving Google Maps from the #3 to #2 position by the end of 2007.

Google Mapsをプロモーションするために、製品について単に説明するのではなく、Google Mapsを実際に体験してもらい、それを友人に伝えてもらうことからスタートすることにした。そこで、インフルエンサーを招いてそれぞれ独自にカスタマイズした日本の地図――Hiroshi Fujiwara氏お気に入りのスケボーのスロープの地図など――を作ってもらい、さらにユーザーがそれぞれ自分の地図を作成する全国コンテストを開催した。そして、mixiと協力して「add Google Map」ボタンをつくり、Google Mapsをソーシャルなコミュニケーションツールとして活用するようmixiユーザーに呼びかけた。また、さらなる話題作りとして、キャンペーンサイトに掲載されたmyMaps情報に基づいて日本で「いちばん変な食べ物」を探して旅をするJohnnyというキャラクターを主役にしたブログを作成。告知せずに1週間で4,000ものアクセスがあった。このキャンペーンは成功を収め、2007年末までにGoogle Mapsは第3位から第2位になった。

Read More