W+K Tokyo

GYRE

W+K Tokyo worked with Mitsubishi Shoji UBS Realty, and developer Takenaka to launch their new luxury shopping complex in Omotesando.

The building houses Chanel, the first MoMA store outside of the US, and a discerning selection of restaurants and shops.

We began the process by developing the overall concept of “Shop and Think.” From there, W+K Tokyo concepted the name “GYRE” and created the logo, signage, information booklets and advertising. In addition, we creative directed GYRE’s launch website which was produced by Suit-men Entertainment. They also developed interactive kiosks that enabled shoppers to connect via their mobile phones directly to the website upon entering the GYRE complex. GYRE is the first retail complex with a social cause, using a point system in which GYRE will make donations to selected NGOs for every customer that enters the building.

W+K Tokyoは、不動産ファンドの三菱商事UBSリアルティとデベロッパーの竹中工務店のために、シャネル、米国外初のMoMAストア、厳選されたレストランやショップが入っている表参道の新しい高級ショッピング施設のプロデュースに関わった。W+K Tokyoは、『Shop & Think』というコンセプトを作ることからスタート。『GYRE』という名称を考え出し、ロゴ、看板、インフォメーション冊子、広告を制作した。さらに、Suit-men Entertainmentが制作したGYREのインタラクティブをディレクション。Suit-men Entertainmentは、買い物客がGYREに入り、携帯電話をかざすと、GYREのサイトと直接つながるインタラクティブキオスクも開発した。GYREは社会的「大義」を持った初めての商業施設で、建物に顧客が入り、ショッピングをするたびにポイントが加算され、ポイント数に応じてGYREが特定のNGOに寄付をするポイントシステムが導入されている。

Read More