W+K Tokyo

JUST HAVE TO MAKE IT

 

Through this campaign, we wanted people to know the truth of Sapporo: that the company is made up of passionate people who are committed to making the best possible beer for their customers.

“Tsukurushikanai!” became our campaign’s rallying cry. The phrase, which means “you just have to make it!” was inspired by events 130 years ago, when Sapporo’s founders were so inspired by the beer they tasted on a trip to Germany that they set out on a mission to make equally good beer in Japan.

The creative articulation of that idea came to life in the campaign’s centerpiece: a Broadway musical style 2-minute film which stars a highly talented cast of Sapporo employees (6 barley/hop farmers from Hokkaido and 53 other Sapporo employees from around the nation.) All of the dancing and singing was performed by employees and the commercial was shot in just one take on one massive stage with painted backdrops. The spot aired on the highly rated Hakone Marathon on January 2nd, 2007, and was rated the #1 most likeable ad that month by CM Databank.

このキャンペーンを通じて、サッポロビールという企業の本当の姿を人々に知って欲しいと思った。この会社には、顧客のために極上のビールを作りたいという情熱にあふれた人々がいる。『ないものは、つくるしかない!』いうのが、キャンペーンのスローガンになった。このフレーズは、サッポロビールの創始者がドイツを旅行したときに飲んだビールの味にいたく感銘を受け、日本でも同じくらい美味しいビールを作ろうというミッションに乗り出した130年前の出来事からインスピレーションを得ている。キャンペーンの中心として、サッポロビールの本物の社員(大麦とホップを作っている生産者として北海道から6人、その他全国から53人のサッポロビール社員)が出演したブロードウェイミュージカルスタイルの2分間のフィルムを制作し、そこにこのアイディアが生き生きと表現されている。すべて社員が歌って踊り、背景を手描きした巨大なステージで撮影されたコマーシャルは、120秒が1テークでできている。高視聴率の2007年1月2日箱根駅伝のスポットでオンエアされ、CMデータバンクの調査で、その月で最も好感度の高いCMにランクされた。

Read More