W+K Tokyo

Nike JUST DO IT Spring 2019 | 自分の本当の声に耳をかたむけて、 うごきだす、それだけ。

A very new “JUST DO IT.” campaign in Japan, that elevates the forward-facing attitude of all women, was launched for the first time in three years.
The campaign ambassadors are female athletes that love sport and embody a toshindai attitude.
 
Together with both world class athletes such as tennis star Naomi Osaka, dancer/choreographer Koharu Sugawara, champion skateboarder Aori Nishimura and Sky Brown, basketball player Evelyn Mawuli, and everyday female athletes, a wide range of women help depict the new brand message: “listen to your real voice and just start moving.”
 
In the past year, Naomi Osaka has fully entered the global spotlight. As the hype and noise around her has grown, Naomi has stayed true to herself on and off the court. In “NAOMI OSAKA 大坂なおみ -- QUESTION / RETURN”, we wanted to portray Naomi’s strong individual character in the face of this escalating hype, as she metaphorically responds to a flurry of media questions with the power of her tennis game.

2019年4月、約3年ぶりとなる日本国内のJUST DO IT.キャンペーンが公開されました。

全ての女性の前向きな姿勢を讃える今回のキャンペーンでは、アンバサダーに等身大でスポーツを楽しむ女性アスリートを起用。プロテニスプレイヤーの大坂なおみを筆頭に、ダンサー/振付師の菅原小春、プロスケートボーダーの西村碧莉、 プロスケートボーダー及びプロサーファーであるスカイ・ブラウン、 義足の陸上競技選手、中西麻耶、バスケットボール選手の馬瓜エブリンなどが出演しました。世界チャンピオンやプロアスリートだけでなく、アマチュアのアスリートら、幅広く活躍する女性アスリートを通じ、新しいキャンペーンメッセージ「自分の本当の声に耳をかたむけて、うごきだす、それだけ」を描写しています。
 
大坂なおみ選手の膨れ上がる期待と周囲の雑音をよそに、コートの内外で自分自身であり続けた彼女を描いた「NAOMI OSAKA 大坂なおみ - QUESTION / RETURN」。このフィルムでは、過熱する注目によりメディアから殺到する質問にも惑わされることなく、ただひたすら力強く前進し続ける大坂なおみ選手を描きました。

Read More