W+K Tokyo

NIKE Women 2017 “Believe in More”

Nike Japan launched its ‘Believe in More’ campaign for NIKE WOMEN in which we created the tagline and manifesto, as well as the music video featuring singer/songwriter iri’s song.
————--

GIRLS HAVE INCREDIBLE POTENTIAL.
YOU CAN BECOME WHATEVER,
AND DO WHATEVER YOU PLEASE.
YOU CAN DARE ANY GIANT LEAPS.
EVEN IF YOU FEEL LIKE THERE ARE INVISIBLE STRINGS
BINDING YOU DOWN TO BE “NORMAL”,
TO BE “CUTE”, TO “NOT STAND OUT”,
MOVE AND BREAK OFF THE STRINGS.
THE MORE YOU MOVE, THE FREE-ER YOU BECOME.
GO, BEYOND YOUR IMAGINATION.
TO SOMEWHERE NO ONE CAN PREDICT.
BELIEVE IN MORE.

————--
Societal values of “norm” and “cute” expected of women can
restrain the infinite potential that women have.
However, these restricting ‘strings’
can be broken with your movement.
The message: believe and surprise yourself and others
by breaking off the strings and making daring challenges.

In the movie, we portray women restricted by invisible strings
freeing themselves by moving, and boldly taking a challenge.
Through them, we want to send Nike’s JUST DO IT inspiration to
women all around Japan.

NIKE WOMEN「わたしに驚け」キャンペーンのタグラインおよびマニフェスト、そしてシンガーソングライターiriの楽曲をフィーチャーしたムービーを制作しました。

--------------
女の子の可能性はとてつもない。
何にでもなれるし、何だってできる。
どんな大胆な一歩も踏み出せる。
“普通”でいなくちゃ。
“かわいく”しなきゃ。
“浮かない”ようにしなきゃ。
もし、そんな見えない糸に
自分がしばられていると感じても
糸は動いて切ればいい。
動くほど自由になれるから。
いこう。自分の想像以上のどこかへ。
誰にも予測できないところまで。
さあ、わたしに驚け。
--------------

社会が女性に対して期待する「普通」や「可愛い」などの価値観は、本来誰もが持っている無限の可能性を制限してしまうことがあります。でも自分をしばっていると感じるその糸は、自分が動き出しさえすればすぐに断ち切れるものなのです。すべての糸を切って自由に、大胆に挑戦することで自分自身も、まわりも驚かせようというのが今回のメッセージです。

そんな見えない糸に縛られていた女性たちが動くことで解放され、今までできなかった挑戦に踏み出す姿を描きました。彼女たちを通して、日本のすべての女性たちにJUST DO IT.のインスピレーションを送ることを目指しています。

Read More