W+K Tokyo

Nurturing Hands

In our fourth year of working with the Oronine brand, we tried to reach new users while staying close to existing fans. Our new target was young women who recently became mothers.

The story is told through the hands of a woman. The nervous hands first cautiously reach out to a baby to lift her up. The hands are hesitant as they try to bathe her and change her diaper. But soon the mother’s life becomes very busy. As the baby grows day by day, the mother also becomes more skillful and confident. The mother waves to her daughter who heads out on her way to elementary school. She takes a break to rub Oronine onto her hands.
This commercial places a spotlight onto the experience of a mother’s hands. She grows more confident as her hands handle many daily tasks while raising her child.

 

長い歴史の中で、愛され続けてきたオロナインH軟膏。近年は、「働く手をほめよう」というコンセプトの元に、働く女性と、その女性の手を応援したいというメッセージを発信してきました。W+Kがこのお仕事を担当して4年目の今年は、今までのオロナイン・ユーザーにも愛されつつ、新しいユーザーを開拓するコミュニケーションを試み、そのメイン・ターゲットは、新しくお母さんになった、若い女性たち。

おそるおそる赤ちゃんの手にさわり、抱き上げる。これはお母さんの手から見た物語。はじめは不安そうにお風呂に入れ、ぎこちない動きでゆっくりとおむつを替える。しかしあっという間にお母さんの日常は忙しくなる。赤ちゃんが日々成長していくように、育児をするお母さん自身も日に日にスキルアップして頼もしくなっていく。やがて小学生になった子どもを送り出すお母さんの姿、一息ついていたんだ手に塗るオロナイン。育児にまつわるいろいろな手仕事を経験しながらたくましく成長していくお母さんの手をテーマにしたCMです。

Read More