W+K Tokyo

PIECES

DJ Uppercut is one of the generation of artists who “play” the turntable as an instrument. He has been widely active in both the mainstream and underground scenes since his teenage years.

In his first solo EP album Pieces, he experiments with a futuristic style of breakbeats fusing it with country western and electronic music. Influenced by Willie Nelson and The Beatles, Pieces presents a new and stylish form of hip-hop in the post-laptop era.

To personify Uppercut’s as yet unknown character, we combined his keen interest in cheap Science-Fiction and B-movies to create a musical robot that is able to whip up musical instruments from his sleeve. In collaboration with American artist Justin Wood, known for his fascination with neo-Tokyo, the electronic country-western DJ robot was born.

In the video for the The Attack of Ninja, Uppercut engages in battle against a mysterious and elusive foe. Inspired by “Spaghetti Western showdowns,” the video is structured like a multi-level video game in which Uppercut fights against the ninja across multiple stages of play, battling through an isometric 80s video game, a duel in the clouds, a temple filled with shoji screens, a psychedelic desert, and onto a final cherry blossom showdown, all the while using music as his weapon. The story blends space and time into a pseudo Japanese-Western film.

The “toy-in-a-box” package is inspired by the iconic Japanese pretzel brand Pocky and its American counterpart Cracker Jack, complete with perforated pockets which contain literal pieces of DJ Uppercut. The pack assembles into a three-dimensional diorama of the retro-futuristic stage set where a 3D paper figure cut out of the cowboy robot continues his adventures.

DJ Uppercutはターンテーブルを楽器のように操り、10代の頃からメジャー、アンダーグラウンドの垣根なく活動を繰り広げてきた新世代のアーティスト。初のソロ作品となった“PIECES”では、 エレクトロニクスを駆使した、フューチャリスティックなブレイクビーツを確立。ウィリー・ネルソンやビートルズの影響を受け、カントリー・ウェスタンの要素を融合するなど、ハイセンスなポップ感覚を兼ね備えたラップトップ・ミュージック以降のヒップホップをシーンに提示した。

当時まだ無名だったDJ Uppercutをキャラクター化するために、彼がインスパイアされたスパゲッティウェスタンとB級SF映画をミックスして、袖から楽器を出すことができる音楽ロボットを考案。ネオ東京的パースペクティブを持つアメリカ人アーティスト、ジャスティン・ウッドとのコラボレーションにより、エレクトロニック・カントリーウェスタン・DJロボットが誕生した。

西部劇の決闘にインスパイアされた“ The Attack of Ninja ”のMVで、DJ Uppercutは巧みに姿をくらますミステリアスな忍者とバトルを繰り広げる。80年代のビデオゲームのような構成で、ロボットと忍者が、雲の上、お寺、サイケデリック砂漠などのステージを次々と進んでいく。そして、桜吹雪が舞う最後の決闘シーンでは、ロボットが音楽を武器にして忍者を倒す。これは時空を超えたジャパニーズ・ウェスタン・フィルムだ。

おまけ付きお菓子の箱のようなパッケージは、日本のポッキーとアメリカのクラッカージャックにインスパイアされたものだ。ポッキーの箱と同じ素材でつくられた6面パネル・ジャケットには、タイトルどおり“ PIECES ”(ピース)が印刷されていて、展開して組み立てるとDJ Uppercutロボットの紙フィギュアとレトロフューチャリスティックな3Dジオラマがつくれるようになっている。そして、そのジオラマのステージ上では、カウボーイロボットの冒険と闘いはなお続くのだ。

Read More