W+K Tokyo

Shiseido | WASO

http://wktokyo.jp/wp/wp-admin/media-upload.php?post_id=9278&type=image&TB_iframe=1

W+K Tokyo handled the launch of WASO, a new skin care line targeting youth from Shiseido brand. Shiseido is a Japanese cosmetic company founded in 1872 with their products available in 88 countries. The campaign compose of talents such as Viviane Sassen and Julian Klincewicz who have helped create strong visual and film contents for the project. Targeting the generation of “digital native”, WASO campaign is strategically and creatively produced for mobile digital platform. Communication strategy was to inject creative idea into digital culture, where each piece of communication has a clear role in driving consumers down the purchase path -- from building awareness, to consideration, and to trial & share all on digital platform. WASO official instagram site launched in July work as one of the platform rolling out these social contents to build awareness and consideration. W+K Tokyo is also responsible for the package design of product’s outer carton.

資生堂が現代の若者に向け発表し、日本では 10 月 1 日発売予定の新スキンケアライン「WASO」。ローンチキャンペーンを ワイデン+ケネディ トウキョウが手がけました。今回のキャンペーンでは、フォトグラファーヴィヴィアン・サッセンやマル チメディアアーティストジュリアン・クリンスウィックスなどの才能を起用し、ビジュアルとフィルムコンテンツを制作。"デ ジタルネイティブ"と呼ばれる世代をターゲットに、モバイルデジタルプラットフォームをベースにデジタルカルチャーの文脈 でクリエイティブアイデアを表現していきます。消費者がブランドを知り、シェアするまでの道のりにおける、それぞれのステップを促す形のコミュニケーションをデジタルプラットフォーム上で提供。インスタグラムでは、ブランドのコンセプトを伝えるソーシャルコンテンツを発表。また、製品の外箱のデザインも手がけています。

Read More