W+K Tokyo

TAKATA BRAND CAMPAIGN

Takata is one of the world’s largest producers of seatbelts, airbags, and other safety innovations. But because most of Takata’s products are ingredients within other manufacturer’s brands, Takata’s is largely invisible.

When Takata approached us in 2003, they were looking not only to promote their latest child safety seat, but also to communicate the company’s rich history and philosophy. To reaffirm Takata’s brand and mission internally, we started by developing a brand book that chronicled Takata’s history, and by updating the company’s corporate identity with a new logo and corporate materials. The new identity then went public in a series of graphically striking brand ads that began in April of 2004 and won the coveted the Nikkei Advertisement Award for two consecutive years. The most recent print/OOH transit campaign for Takata launched in January 2007 conveys Takata’s corporate goal of Creating Safety.

TAKATAは、シートベルトやエアバッグなど安全製品の製造で世界最大手に数えられているメーカー。しかし、TAKATAの製品の大半が他メーカーの製品内に組み込まれているため、TAKATAという社名はあまり知られていない。TAKATAから 2003年に初めてW+Kがアプローチをうけたとき、最新型のチャイルドセーフティシートをプロモーションするだけでなく、同社の豊かな社歴と理念を広く知らしめることにも期待された。そこで、TAKATAのブランドとミッションを社内的に再確認するため、TAKATAの歴史とそこにある信念を記したブランドブックを作成し、新しいロゴとそのアプリケーションで企業イメージを一新することから始めた。新しいイメージは2004年4月に始まった印象的なブランド広告で発表され、日経広告賞を2年連続受賞。2007年1月に開始した最近の新聞雑誌/交通広告のキャンペーンは、安全をつくるというTAKATAの企業目標を掲げている。

Read More