W+K Tokyo

TYPE | Caslon, Copperplate, Univers®

Our eyewear brand TYPE was inspired by the similarities between the function and design of typefaces and glasses. Each pair is handcrafted in Sabae City, known as the home of Japanese eyewear craftsmanship. Available from February 1st, new models “Caslon,” “Copperplate,” and “Univers®” have been added to the existing product lineup of 11 models.

Caslon is a Roman typeface created in 1734 by an English designer William Caslon. It is known as the typeface used for the American Declaration of Independence. Modeled after Caslon’s graceful and elegant form of round curves, this glasses combines acetate and metal to express the beautiful stroke contrasts of the font.

Copperplate is designed by Frederic W. Goudy, an American printer who became a type designer at the age of 40. A reproduction of the lettering formerly used in copperplates engravings and printing, Copperplate is characterized by its sophisticated style.

Univers® is a sans-serif typeface designed in 1957 by Swiss graphic designer Adrian Frutiger. Applying the practical strength and gracefulness of Univers to the frame design, the overall form is expressed with straight lines with elegant use of curves.

私たちがデザインを手がける眼鏡ブランド、TYPEは書体と眼鏡の機能的・デザイン的な共通点に着想を得て生まれました。ひとつひとつ、眼鏡の聖地と呼ばれる鯖江市の職人の手によって手作りされています。この2月1日より、既存の11種類に加えて「Caslon(キャスロン)」「Copperplate( コッパープレート)」「Univers®(ユニバース)」がラインナップに加わりました。

「Caslon(キャスロン)」は、イギリス人のウィリアム・キャスロンが1734年に制作したと言われるローマン体。アメリカの独立宣言書 に使われた活字として知られています。丸みを帯びた曲線が優美なキャスロンの形状に倣い、アセテートとメタ ルのコンビネーションを用いて美しいストロークの強弱を表現。

「Copperplate( コッパープレー ト)」は、40歳からタイプ職人になったアメリカ人のフレデリック・ガウディが1901年に設計した書体。かつて銅版印刷に用いられていた文字を復刻させた書体であることから、メタルを使って繊 細なフォルムと高級感を表している。

「Univers®(ユニバース)」は1957年にスイス人のグラフィックデザイナー、アドリアン・フルティガーがデザインしたサンセリフ書体。 ユニバースの合理的な力強さと優雅さをフレームのデザインに落とし込み、全体を直線的に表現しつつエ レガントに曲線を効かせた造形。

Read More